【高校受験2017】埼玉県公立高校、全日制26校42学科で欠員補充

教育・受験 中学生

平成29年度 埼玉県公立高校(全日制)入学者選抜における欠員補充人員
  • 平成29年度 埼玉県公立高校(全日制)入学者選抜における欠員補充人員
  • 平成29年度 埼玉県公立高校(全日制)入学者選抜における欠員補充人員
 埼玉県教育委員会は3月10日、平成29年度(2017年度)公立高校入試の合格発表を行い、合わせて欠員補充人員を公表した。全日制は26校42学科で506人募集する。

 埼玉県公立高校入試は、3月2日に学力検査を行い、3月10日に合格発表を行った。全日制全体の志願倍率は1.19倍。普通科は1.22倍、専門学科は1.10倍、総合学科は1.11倍であった。

 合格発表と合わせて、合格者の数が募集人員に満たなかった高校の欠員補充人員を発表。2017年度入試では、全日制26校42学科が欠員補充を行う。欠員補充を行う高校は、普通科が北本(普通)、白岡(情報コミュニケーションコース)など12校159人。専門学科が熊谷工業(情報技術、機械)、大宮商業(商業)、芸術総合(音楽)、誠和福祉(福祉)など13校274人。総合学科が小鹿野など3校73人。計506人募集する。

 欠員補充を行う高校は、3月17日から4月までに実施する。なお、欠員補充の日程および内容については、実施する高校において定める。
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)