【中学受験2018】小6対象「合不合判定テスト実施概要」公開

教育・受験 小学生

四谷大塚:合不合判定テスト
  • 四谷大塚:合不合判定テスト
  • 合不合判定テストの活用の仕方
  • 合不合判定テストの5つの特長
  • 合不合判定テストの実施要項
  • 合不合判定テストとは
  • 連続受験のメリット
 四谷大塚は、小学校6年生対象の「合不合判定テスト」の実施概要を公開した。「合不合判定テスト」は4月9日に実施される第1回をはじめ、12月10日に実施される第6回までの全6回。80校以上の私立中学が受験会場となる。会場では、父母説明会が同時開催される。

 合不合判定テストは、中学校がテスト会場となり、本番環境を想定して受験できる。受験科目は、4教科(算国理社)、3教科(算国理)、2教科(算国)をテスト当日に選択。全国主要中学校の合否判定が可能で、同じ志望校の受験生の成績と比較分析したデータが提示される。テスト後には、自宅のパソコンで解説授業が受けられる。

 9月に実施される第3回以降、毎月実施される。よって、四谷大塚は、1か月ごとの学習目標を定められることや、実際の志望中学校で本番さながらの臨場感を味わうことができること、早い復習で弱点の補強ができることが、合格力のさらなる向上につながるとしている。

 実施日程は、第1回から順に、4月9日、7月9日、9月17日、10月15日、11月12日、12月10日。受付開始日は、第1回が3月1日、第2回が6月1日、第3回以降は8月18日。

◆四谷大塚「合不合判定テスト」
対象:小学6年生
実施日と受付開始日
【第1回】2017年4月9日(日)、3月1日(水)受付開始
【第2回】2017年7月9日(日)、6月1日(木)受付開始
【第3回】2017年9月17日(日)、8月18日(金)受付開始
【第4回】2017年10月15日(日)、8月18日(金)受付開始
【第5回】2017年11月12日(日)、8月18日(金)受付開始
【第6回】2017年12月10(日)、8月18日(金)受付開始
受験料:4,800円(税別、4・3・2教科とも)
申込方法:会員登録のうえ、Webサイトより申し込む
《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)