【夏休み2017】ペンギン型ロボや生物の剥製登場「南極・北極展」7/22-8/16

趣味・娯楽 その他

南極観測船「しらせ」 (c) 国立極地研究所
  • 南極観測船「しらせ」 (c) 国立極地研究所
  • 「南極&北極展」イメージ
  • 「南極&北極展」イメージ
 玉川高島屋ショッピングセンターは、2017年に昭和基地が南極開設60周年の節目を迎えることを記念し、特別展「南極・北極展~真夏の二子玉川に氷と雪の世界がやってきた!~」を7月22日~8月16日に開催する。ペンギン型ロボットや希少生物の剥製展示などが行われる予定。

 昭和基地は、天体・気象・オーロラ・大気地球科学・生物学の観測を行う南極大陸にある日本の恒久観測基地。玉川高島屋ショッピングセンターでは60周年記念イベントとして、国立極地研究所の特別協力のもと、子どもが楽しめる体験型コンテンツから日本の南極地域観測隊の活動を紹介するアカデミックな内容の資料展示まで、さまざまな角度から南極昭和基地への知識と地球温暖化などの環境問題への関心を喚起するきっかけを提供する。

 イベントでは、初公開となる泳ぐアデリーペンギン型ロボットや2メートルを超えるホッキョクグマなど南極・北極の希少な生き物の剥製を展示するほか、公式初となる極地の大自然や野生生物の記録映像を上映。グッズ販売やワークショップも企画されている。

◆南極昭和基地開設60周年記念「南極・北極展~真夏の二子玉川に氷と雪の世界がやってきた!~」
会期:2017年7月22日(土)~8月16日(水)
時間:10:00~19:00(最終入場は閉場の30分前まで、最終日は18:00まで)
会場:玉川高島屋ショッピングセンター 西館1Fアレーナホール
入場料:大人(中学生以上)600円、小人(3歳~小学生)400円、3歳以下無料
※イベント名や内容、開催時間は変更となる可能性あり
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)