芦田愛菜ら出演、Eテレ新番組「メディアタイムズ」初回は6/18

教育・受験 小学生

出演者(右から、編集担当後藤ヒロノブ役・古舘寛治、プロデューサー里見キョウコ役・鈴木砂羽、ディレクター安達コーヘイ役・高杉真宙、後藤の娘リカ役・芦田愛菜)
  • 出演者(右から、編集担当後藤ヒロノブ役・古舘寛治、プロデューサー里見キョウコ役・鈴木砂羽、ディレクター安達コーヘイ役・高杉真宙、後藤の娘リカ役・芦田愛菜)
  • Eテレ 新番組「メディアタイムズ」
 NHK・Eテレは、10月12日より小・中学生向けのメディアリテラシーをテーマにした新番組「メディアタイムズ」をレギュラー放送する。今回、レギュラー放送にさきがけ、6月18日の午後4時30分よりエピソード0「動画クリエイター」が放送される。

 さまざまなメディアに囲まれて生活する現代、子どもたちにはそれぞれのメディアの特性を理解し、内容を読み解き、発信する力(=メディアリテラシー)が求められている。新番組「メディアタイムズ」は、小・中学生がメディアのあり方について仲間と話し合いながらメディアリテラシーを身に付けることをねらいとした番組。

 出演は、高杉真宙(まひろ)、鈴木砂羽、古舘寛治、芦田愛菜の4人。プロデューサーのキョウコ(鈴木砂羽)が新たに立ち上げた映像制作会社“メディアタイムズ”を舞台に、ディレクターのコーヘイ(高杉真宙)、編集担当の後藤さん(古舘寛治)、中学生になったばかりの後藤の娘・リカ(芦田愛菜)が、新聞やテレビ、ネットサイトなどさまざまなメディアの現場を取材した情報をもとに、メディアとどう向き合っていけば良いのか話し合う。全国の小・中学生に向けて、さまざまなメディアをどう読み解くか、どう使いこなすかをドラマで伝える。

 初回放送となるエピソード0 「動画クリエイター」では、いまや小・中学生に人気の職業となった「動画クリエイター」に着目し、人気動画クリエイターのくまみき、Masuoの動画制作のねらいや工夫などを紹介する。

 番組のオープニングテーマは、若者世代に人気だというバンド、フジファブリックが書き下ろしたオリジナル曲「1/365」を採用。エピソード0の放送後は番組Webサイトで全編視聴できる。なお、現在放送にさきがけてWebサイトでオープニング映像を視聴できる。

◆新番組「メディアタイムズ」エピソード0「動画クリエイター」
放送日:2017年6月18日(日)16:30~16:40
放送局:NHK・Eテレ
※レギュラー放送は2017年10月12日から開始(毎週木曜9:25~9:35)
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)