まるでホンモノ「こぼれメモ」6/20全国発売、金工大生が発案

教育・受験 大学生

建築デザイン学科3年 嶋千菜美さんのアイデアを商品化したメモパッド「こぼれメモ」
  • 建築デザイン学科3年 嶋千菜美さんのアイデアを商品化したメモパッド「こぼれメモ」
  • 建築デザイン学科3年 嶋千菜美さんのアイデアを商品化したメモパッド「こぼれメモ」
 金沢工業大学(KIT)は、6月20日から環境建築学部建築デザイン学科3年の嶋千菜美さんのアイデアを商品化したメモパッド「こぼれメモ」を販売する。種類は「ウオーター」「コーヒー」「ミルク」の3種類。いずれも液体がこぼれたような形のメモだ。価格は各30枚450円(税別)。

 メモパッド「こぼれメモ」は、金沢市の老舗印刷会社である山越と、金沢工業大学の学生による産学連携プロジェクト「paperable・PLANTS(ペパラブルプランツ)」商品の第3弾にあたる。ペパラブルプランツは、学生のアイデアを取り込み、紙によるコミュニケーションを広める商品を開発するプロジェクト。売上の一部は、紙の原料である木や森を守る森林保全活動へ寄付される。

 こぼれメモは3種類。液体がこぼれたような形をしており、言葉が「あふれて、こぼれ出す」ようだ。牛乳パックからこぼれたような「ミルク」やグラスからあふれた「ウオーター」、シミになるのが少々不安になるくらいリアルな「コーヒー」のいずれとも、6月20日から全国で発売予定。
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)