【夏休み2017】都立工業系19高校、子ども向け工作スタジオ全71講座

教育イベント 小学生

平成29年度わくわくどきどき夏休み工作スタジオ
  • 平成29年度わくわくどきどき夏休み工作スタジオ
  • 平成29年度わくわくどきどき夏休み工作スタジオ 講座一覧(1/2)
  • 平成29年度わくわくどきどき夏休み工作スタジオ 講座一覧(2/2)
  • 平成29年度わくわくどきどき夏休み工作スタジオ 講座の内容や申込方法など
 東京都教育委員会は7月21日から8月29日までの夏休み期間、小・中学生を対象とした「平成29年度わくわくどきどき夏休み工作スタジオ」を開催する。都立工業系高校の教員や生徒とともに、プログラミングロボの製作や科学実験、各種工作を体験できる。

 「わくわくどきどき夏休み工作スタジオ」は、将来のものづくり産業を支える人材を育成していくことをねらいとして実施される。各講座は1日(6時間程度)で行われ、時間をかけて作品製作に取り組むことで、ものづくりに関する興味・関心が高まり、達成感を味わうことができるプログラムとなっているという。

 会場は、葛西工業高校・墨田工業高校・科学技術高校・蔵前工業高校・荒川工業高校・足立工業高校・工芸高校・六郷工科高校・北豊島工業高校・中野工業高校・練馬工業高校・多摩工業高校・杉並工業高校・多摩科学技術高校・田無工業高校・八王子桑志高校・総合工科高校・府中工業高校・町田工業高校。全19校、全71講座を実施する。

 たとえば科学技術高校では、小学校5・6年生対象の「作って遊べる『シュートロボ』の製作」「熱の科学~七宝焼きとカルメ焼き体験~」、小学校4~6年生対象の「プログラミングロボを作ろう!」の3講座を行う。

 北豊島工業高校では、小学校3~6年生・中学生対象の「銀の指輪の製作」「3色LEDを用いたルームランプ」など4講座を実施。中野工業高校の「教育用電子工作キットを親子で楽しく作ろう!(スピンシューターの製作)」のように、親子で参加できる講座も用意されている。講座の実施日や対象学年、受講費用などは、東京都または東京都教育委員会Webサイトにて一覧が確認できる。

 申込みは往復はがきによる応募のみ受け付ける。申込締切日は講座実施日によって異なり、前期のA区分(7月21日から8月6日実施分)は7月8日、後期のB区分(8月7日から8月29日実施分)は7月22日。いずれも当日消印有効。

◆平成29年度 わくわくどきどき夏休み工作スタジオ
開催期間:2017年7月21日(金)~8月29日(火)
会場:葛西工業高校・墨田工業高校・科学技術高校・蔵前工業高校・荒川工業高校・足立工業高校・工芸高校・六郷工科高校・北豊島工業高校・中野工業高校・練馬工業高校・多摩工業高校・杉並工業高校・多摩科学技術高校・田無工業高校・八王子桑志高校・総合工科高校・府中工業高校・町田工業高校
対象:小学生、中学生(講座によって異なる)
申込締切日:
A区分(2017年7月21日~8月6日実施分)/2017年7月8日(土)当日消印有効
B区分(2017年8月7日~8月29日実施分)/2017年7月22日(土)当日消印有効
参加費:有料(1,000円~2,500円、講座によって異なる)
申込方法:往復はがきに必要事項を記入して、「日本郵便石神井郵便局留め わくわくどきどき夏休み工作スタジオ係」宛に送付
※講座の一覧、申込方法などの詳細は、東京都または東京都教育委員会Webサイトから確認できる
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)