【夏休み2017】夏と宇宙とものづくり、千葉工大生と一緒に…スカイツリータウン8/20

教育イベント 小学生

 千葉工業大学は8月20日、東京スカイツリータウンキャンパスにて小学生向けの公開講座を開催する。夏と宇宙をテーマにしたワークショップ形式で、大学生と一緒にものづくりを体験する。参加費無料。

 千葉工業大学の公開講座「夏のものづくり体験」は、押上駅からすぐの場所にある東京スカイツリータウンキャンパスで実施する。1年生から3年生までの小学生低学年向けと、4年生から6年生までの高学年向け、計2つのプログラムを実施する。

 低学年向けは、「水星の魚を想像しよう!~アニメーションで遊ぼう~」。水星にはどんな魚がいるのか、どんな風に動くのかを想像しながら魚のアニメーションを作り、水星に水族館を表現する。

 高学年向けは、「宇宙からの侵略を防げ!~センサーで遊ぼう~」。空気砲を使って宇宙からの侵略を防ぐというストーリーに添って、センサーとさまざまなアクションを組み合わせたオリジナルの「的」を作る。

 どちらも遊びをとおしてテクノロジーに触れるプログラム。千葉工業大学Webサイトの申込みフォームより、先着順で参加を受け付ける。対象学年と異なる学年であっても参加は可能。参加費は無料。

◆千葉工業大学公開講座「夏のものづくり体験」
開催日:2017年8月20日(日)
会場:千葉工業大学 東京スカイツリータウンキャンパス(東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン8階)
参加費:無料
申込締切:2017年8月9日(水)※先着順
申込方法:千葉工業大学Webサイトの各ワークショップの申込みフォームから申し込む

【水星の魚を想像しよう!~アニメーションで遊ぼう~】
対象:小学校1年生~3年生
時間:10:30~12:30
定員:10名

【宇宙からの侵略を防げ!~センサーで遊ぼう~】
対象:小学校4年生~6年生
時間:13:30~15:30
定員:15名
《勝田綾》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)