首都大学東京、五輪開催中は試験・授業なし…授業開始日は繰上げ

教育・受験 大学生

首都大学東京
  • 首都大学東京
  • TMU2020
 首都大学東京は8月30日、2020年度学年暦における特別措置を発表。オリンピック開催期間中は原則として授業・試験を行わないことで、学生が大会観戦やボランティア活動に参加しやすい環境を整える。

 首都大学東京は、2020年オリンピック・パラリンピック競技大会の開催都市である東京都が設立した公立大学として、スポーツの普及振興、ボランティアの支援拡充、教育を通じた機運醸成、学術的研究などの取組みを通して、大会の成功とレガシーの継承に貢献するとしている。

 2020年度学年暦での特別措置はこれらの取組みの一環で、競技会場での大会観戦と大会に係るボランティア活動への参加を奨励するのが目的。通常の学年暦では7月末から8月初めが期末試験期間となるが、2020年度前期の学年暦では授業開始日の繰上げや祝日授業の実施などの措置を講じることで、大半の期末試験をオリンピック開催前に終了させる。

 そのため、オリンピック開催期間中の2020年7月24日から8月9日は、原則として授業・試験は行われない。なお、パラリンピック開催期間中の2020年8月25日から9月6日は、夏季休業中にあたるため、特別措置は講じないという。

 首都大学東京はWebサイト「TMU2020」にて、東京オリンピック・パラリンピックへ向けたキャンパスごとの取組みや研究プロジェクトなどについて、情報を発信している。
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)