NTTデータ、学校連絡網のLINE配信サービスを開始

教育ICT 先生

LINE配信サービスイメージ
  • LINE配信サービスイメージ
  • FairCast学校連絡網
 NTTデータは9月20日、「FairCast学校連絡網」でのLINE配信サービスを開始した。サービス提供開始を記念して、先着50校限定の無料お試しキャンペーンを実施している。

 2006年にサービスを開始した「FairCast学校連絡網」は、行事や登下校の時間変更など日常的な連絡のほか、近隣の事件事故や不審者情報など非常時の連絡を配信する一斉連絡網サービス。学校と保護者をつなぐ重要ツールとして幅広く活用されており、2017年9月時点で全国1,000校37万人が利用しているという。

 これまでのメール、音声(固定電話/携帯電話など)、FAXでの一斉配信に加え、LINEによる配信サービスを開始。複数の通信手段を確保することで、安否確認などほかの有用な利用方法についても積極的に取り組み、2020年までに2,000校での導入を目指していくとしている。

 なお、LINE配信サービス追加による価格の変更はなく、これまでどおりの価格で利用できる。

 LINEでの配信開始を記念して先着50校限定で、通常1か月の無料お試し利用を2017年度末まで利用できるキャンペーンを実施している。対象は、300名規模以上の教育機関。他社サービスを利用中でも申込みは可能。申込みはメールで受け付けている。

 「FairCast学校連絡網」は、11月15日~17日にインテックス大阪で開催される「教育ITソリューションEXPO関西」に出展する。ブースでは、実際のLINE配信や音声配信を体験できる。

◆LINE連携記念キャンペーン
定員:先着50校限定
対象:300名規模以上の教育機関
利用期間:利用開始日から2018年3月31日(土)まで
ID:教職員のみ
ID数:制限なし
利用可能通信カウント:制限なし
申込方法:メールにて受け付けている
※詳細はWebサイトで確認できる
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)