STEMとは【ひとことで言うと?教育ICT用語】

教育ICT 先生

「STEM」とは
  • 「STEM」とは
 特集「ひとことで言うと?教育ICT用語」では、教育ジャンル中心の基礎用語から最新キーワードまでのIT用語辞典として、おもに教育関係者向けに用語をやさしく解説していく。記事を読んでいるときに、わからない用語があったときに役立てていただきたい。

◆STEMとは


【読み】エス ティー イー エム、ステム
【表記】Science, Technology, Engineering, Mathematics
【分類】技術/一般常識
【ひとことで言うと】
「科学・テクノロジー・工学・数学の、4つの教育領域」
【解説】
 「STEM」とは、「Science」(科学)、「Technology」(テクノロジー、実用学)、「Engineering」(工学)、「Mathematics」(数学)の頭文字だ。STEMの領域は、いわゆる「理系教育」とされてきたが、現代社会において不可欠の知識であるとして、初等教育・義務教育の段階でも、重要視されるようになってきた。たとえば埼玉大学では「STEM教育研究センター」を設置し、従来の科学技術教育・理数教育を捉え直し、「STEM教育」として学習内容の体系化を進める研究開発を行っている。

【関連用語】
【最終更新日】2016年5月23日
《冨岡晶》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)