11/11は「チンアナゴの日」京都水族館特別イベント、111匹を展示

趣味・娯楽 未就学児

ちんあなごだらけの京都水族館
  • ちんあなごだらけの京都水族館
  • チンアナゴ展示イメージ
  • チンアナゴ展示イメージ
  • 2日間限定 下村実館長の解説ツアー
  • なりきりちんあなご イメージ
  • HADO SHOOT! イメージ
  • ちんあなごだらけパフェ イメージ
 京都水族館は、11月11日の「チンアナゴの日」にちなみ、館内がチンアナゴだらけになる特別イベント「ちんあなごだらけの京都水族館2017」を11月1日から11月30日にかけて開催する。チンアナゴとニシキアナゴの111匹特別展示やAR体験など、多数のプログラムを実施。

 「チンアナゴ」はウナギ目アナゴ科に属する海水魚の一種で、まるで砂底から生えているように細長い体の半分から頭部を外に出しているユニークないきもの。その姿が数字の1に似ていることから、11月11日は「チンアナゴの日」に制定されている。

 イベント期間中は、チンアナゴとその仲間のニシキアナゴをそれぞれ111匹ずつ館内各所に特別展示するほか、ARゲーム「HADO SHOOT!」とコラボレーションした「HADO SHOOT!京都水族館でモンスターファイト」の第2弾「チンアナゴ編」を実施。不思議な姿や生態に迫る「ちんあなごアカデミー」や、チンアナゴが攻撃されたときにとる行動にスポットをあてた「魔法の書スタンプラリー」など、チンアナゴを学ぶ展示が館内各所で行われる。

 さらに、チンアナゴの体の柄をイメージするものを身に着けて来館するとチンアナゴオリジナルグッズがあたる応募券とチンアナゴ秘密カードをプレゼントするキャンペーンや、11匹のチンアナゴが砂から顔を出している場面を再現したイベントオリジナルメニュー「ちんあなごだらけパフェ」も販売される。

 「チンアナゴの日」当日の11月11日と12日は2日間限定の特別限定イベントを開催。下村実館長による解説付きでチンアナゴにごはんをあげることができる解説ツアー「ちんあなごってナンダ?」や、チンアナゴになりきることができるお面を来場者に配布する「なりきりちんあなご」など、チンアナゴをさまざまな視点から楽しむことができるプログラムを開催する。

◆ちんあなごだらけの京都水族館2017
展示期間:2017年11月1日(水)~11月30日(木)
展示場所:「京の海」2階、「交流プラザ」、「交流プラザ」入口
料金:無料(別途水族館への入場料が必要)
※ちんあなごアカデミーは「京の海」2階で開催

【なりきりちんあなご】
期間:2017年11月11日(土)・12日(日)
時間:10:00~18:00(なくなり次第終了)
参加方法:エントランスにて配布予定(大水槽横休憩スペースで色を塗ることが可能)
料金:無料(別途水族館への入場料が必要)

【館長の解説ツアー「ちんあなごってナンダ?」】
期間:2017年11月11日(土)・12日(日)
時間:11:30~、15:30~(各30分)
参加方法:体験プログラム受付カウンターにて当日受付
定員:各回11名
料金:1,000円(税込・別途水族館への入場料が必要)

【HADO SHOOT!京都水族館でモンスターファイト チンアナゴ編】
期間:2017年11月1日(水)~11月30日(木)
時間:10:30~17:30(10:00から整理券配布)
※魔法の書スタンプラリーは10:00~18:00(受付16:30まで)

【チンアナゴグッズキャンペーン】
期間:2017年11月1日(水)~11月30日(木)
時間:10:00~18:00
参加方法:総合案内にて「チンアナゴ(もしくはニシキアナゴ)柄の服を着ています」と伝えると応募券を配布。必要事項を記入し総合案内横の応募箱に投函
当選人数:
・A賞 チンアナゴぬいぐるみ…3名
・B賞 チンアナゴクッション…4名
・C賞 チンアナゴグッズアソート…4名
※当選は1月上旬に公式サイトで発表。商品は京都水族館で引き渡し
※白と黒のドット柄(チンアナゴ)、オレンジと白のボーダー柄(ニシキアナゴ)のイメージが対象(アクセサリーは対象外)
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)