チエル、文教向けタイピング教材「イータイピング チャレンジ」2/1発売

教育ICT 先生

クラウド型タイピング教材「イータイピング チャレンジ」
  • クラウド型タイピング教材「イータイピング チャレンジ」
  • クラウド型タイピング教材「イータイピング チャレンジ」
 チエルは2018年2月1日より、タイピングスキルを強化するクラウド型タイピング教材「イータイピング チャレンジ」を、全国の高校・大学向けに発売する。手軽さと明快なスキル基準で 、タイピングの基礎から文章入力まで段階的に習得できる。価格はオープン価格(年額)。

 文部科学省が2015年度に実施した情報活用能力調査報告(高校生対象)によると、「1分間にA4 用紙1行程度(40字)の文字入力ができる生徒は6%程度である」というデータが出たという。一方、2024年度からの大学入試においては、コンピューターを利用した試験(CBT)の導入が検討されており、2024年度以降の受験生は記述式問題においてタイピングが必須となる可能性があるとチエルは指摘。タイピングに慣れていないと解答速度に大きな差が生まれるため、その対策が必要だと述べている。

 こうした背景のもと、「イータイピング チャレンジ」は効果的なトレーニングができ、実用的なスキルが身に付くタイピングソフトとして、大学・短期大学、高等学校などを主対象とした文教市場に向けて発売される。「タイピングが上手くなると、可能性が広がる」をコンセプトに、初級者~中級者向けに作られたマルチブラウザ対応の教材だ。

 製品のおもな特長は、全国ランキングや学校ランキングに登録可能で、全国平均や学校の中での順位を知ることができる点。カルテ機能で成績を表示することで、速さ・正確さの相互指標によってタイピングスキルのスコアとレベルを数値で確認できる機能もある。また、初心者用にキーの位置の把握、ホームポジション練習の機能や、ローマ字入力基本練習・短文練習・長文練習、IT用語練習などを収載。このほかの機能も多数収載予定だという。

 オプションとして、PC/CALL 教室での一斉テストも可能。管理者は全体のレベル状況やテストの練習状況を専用画面で即座に確認できる。

 製品のカタログは、Webサイト「チエル・ドット・ネット」に掲載されている。OSは、Windows10、WIndows8.1、Mac OS、ブラウザは、Internet Explorer、Windows Edge、Google Chrome、Firefox、Safariに対応。Java Scriptが動作することが使用条件となっている。
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)