【高校受験2018】兵庫県公立高校の募集定員、前年比640人減…加古川東(普通)40人減ほか

教育・受験 中学生

平成30年度兵庫県公立高校募集定員
  • 平成30年度兵庫県公立高校募集定員
  • 平成30年度兵庫県公立高校生徒募集計画:学科の新設・改編、募集停止のコース
  • 平成30年度兵庫県公立高校募集定員
  • 平成30年度兵庫県公立高校募集定員
  • 平成30年度兵庫県公立高校募集定員
  • 平成30年度兵庫県公立高校募集定員
  • 平成30年度兵庫県公立高校募集定員
 兵庫県教育委員会は、平成30年度(2018年度)公立高校第1学年の募集定員を発表した。全日制の課程は、前年度比640人減の3万2,880人募集する。武庫荘総合の福祉探求科と姫路西の国際理学科が新設される。

 平成30年3月の国公立中学校卒業見込者数は、前年比864人減の4万7,090人。平成30年度公立高校第1学年の募集定員は、全日制の課程が3万2,880人。このうち、県立が前年度比640人減の2万8,480人、市立が前年度と同数の4,400人。

 新設の学科は、武庫荘総合の福祉探求科と姫路西の国際理学科。また、篠山産業と飾磨工業、但馬農業の3校は学科を改編する。生野の自然科学系コースは募集を停止し、コース廃止後は普通科(総合系類型)となる。

 前年度と比べて募集定員を増やす学校は、伊川谷北(普通)40人、武庫荘総合(福祉探求)40人、姫路西(国際理学)40人、生野(普通)40人。

 一方、減らす学校は、津名(普通)40人、宝塚(普通)40人、宝塚東(普通)40人、篠山産業(機械工学、電気建設工学)40人、明石西(普通)40人、加古川北(普通・単位制)40人、加古川東(普通)40人、高砂南(普通)40人、播磨南(普通)40人、三木(普通)40人、姫路西(普通)40人、網干(普通)40人、飾磨工業(機械工学・単位制、電気情報工学・単位制)40人、福崎(普通)40人、龍野(普通)40人、赤穂(普通)40人、佐用(普通)40人、伊和(普通)40人、但馬農業(みのりと食、総合畜産)40人、生野(自然科学コース)40人。

 平成30年度兵庫県公立高校の入試日程について、推薦入学・特色選抜・連携型入学者選抜の適性検査・面接などは2月15日、一般選抜の学力検査は3月12日に実施する。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)