CiNii、新日本古典籍総合データベースと連携…ワンクリックで閲覧

教育ICT 大学生

CiNii Booksの検索結果画面で新日本古典籍総合データベースへのリンクをクリックすると、本文画像公開ページに直接移動可能
  • CiNii Booksの検索結果画面で新日本古典籍総合データベースへのリンクをクリックすると、本文画像公開ページに直接移動可能
  • 国立情報学研究所
 国立情報学研究所(NII)は10月27日、大学図書館に所蔵された本の情報検索サービス「CiNii(サイニィ) Books」に、「新日本古典籍総合データベース」と連携する新機能を追加した。CiNii Books利用者は、古典籍の本文画像公開ページに直接アクセスできるようになる。

 CiNii Booksは、日本国内の大学図書館などが所蔵する図書や雑誌などの情報検索サービス。大学図書館など約1,300館が所蔵する約1,000万件以上(のべ1億冊以上)の本の情報や、約150万件の著者の情報を検索できる。

 新日本古典籍総合データベースは、日本古典籍のポータルサイト。国文学研究資料館(国文研)が蓄積した本の情報(書誌)と国内外の機関が所蔵する古典籍(江戸時代以前の書物)のデジタル画像を収録し、誰もがインターネットを使って多彩な方法で高精細画像を検索できる。

 これまで古典籍を検索する際は、CiNii Booksでの検索結果をもとに所蔵する図書館に足を運んで実物を閲覧したり、改めて新日本古典籍総合データベースで本文画像を検索したりする必要があった。

 連携機能の追加により、新日本古典籍総合データベースに収録されている本文画像のうち、CiNii Booksに書誌データが登録されている約2,000万件の本文データへのリンクがCiNii Booksの検索結果画面に表示され、ワンクリックで古典籍の本文画像が閲覧できるようになる。また、新日本古典籍総合データベースにもCiNii Booksを利用して書名を検索するリンクが設けられている。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)