医系専門予備校「メディカルラボ」3校開校、全国25校に

教育・受験 高校生

メディカルラボ
  • メディカルラボ
  • 校舎案内
 医学部専門予備校のメディカルラボは、2018年1月4日に「千葉柏校」「静岡校」「小倉校」の3校を開校し、計25校のネットワークを活用して全国の大学医学部入試に対応する。

 メディカルラボは、医系学部に特化した受験対策を行う予備校。個別指導を重視する独自のシステムで、生徒ひとりひとりに合わせて作成した個別カリキュラムに基づき、すべての授業をプロ講師との1対1で行う。現在、北海道から沖縄まで全国に22校あり、2018年1月4日に3校が開校する。

 「千葉柏校」は千葉県北西部の柏市駅前に開校する。千葉県にはすでに千葉津田沼校があるほか、2017年度には成田市の「国際医療福祉大学」に医学部が新設された。千葉柏校の開校により、茨城県や市北部の文教地区からの受験生もより一層の交通利便性が増す。

 「静岡校」は静岡県の中心地、静岡駅前に開校する。富士山のすそ野のように東西に都市が点在する静岡県の医学部受験生は、これまで東は横浜校、西は名古屋校に週末や夏休みを利用して通学してたという。静岡校の開校により、静岡県内の受験生も通いやすくなる。

 「小倉校」は福岡県第2の都市、北九州市の小倉駅前に開校する。九州にはすでに福岡校、熊本校、鹿児島校があり、週末や夏休み、冬休みを利用して九州各地から多くの受験生が通学しているという。小倉校の開校により、福岡県北東部や大分県、山口県からの受験生にとっても通いやすくなることが見込まれる。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)