【センター試験2018】受験上の注意、試験前に確認する4項目

教育・受験 高校生

大学入試センター
  • 大学入試センター
  • 地理歴史、公民における正しいマーク例(第1解答科目で「日本史B」、第2解答科目で「政治・経済」を解答する場合)
  • 地理歴史、公民における不適切なマーク例(第1解答科目の解答用紙に2科目分をマーク)
  • 地理歴史、公民における不適切なマーク例(同一名称を含む科目の組合せで2科目をマーク)
  • 地理歴史、公民における不適切なマーク例(第1解答科目と第2解答科目の解答科目欄に同じ科目をマーク)
 大学入試センターは平成29年12月8日、平成30年度(2018年度)試験の情報として「受験上の注意」「試験問題冊子の注意事項などについて」「解答科目欄の不適切なマーク例」を掲載した。センター試験を受験するにあたり、気をつけなければならない注意事項をまとめている。

 平成30年度(2018年度)大学入試センター試験は、平成30年1月13日(土)・14日(日)に実施。平成29年12月8日に発表された志願者数(確定)によると、前年度(平成29年度)より6,702人増の582,669人が出願している。大学入試センターはWebサイトに掲載した「受験上の注意」にて、センター試験を受験するにあたっては「受験上の案内」と「受験案内」をよく読み、当日は「受験上の注意」を持参するよう記している。

試験前に必ず確認すること4つ



 試験前に必ず確認するべきこととして、4つの項目を示した。まず、試験当日は、受験票の受験教科名欄に「○」が表示された教科(登録した教科)以外を受験することはできない。万一、登録していない教科を受験しても、その教科は採点されないため注意する。

 「地理歴史、公民」の受験科目数と「理科」の科目選択方法は、試験当日に変更できない。また、「地理歴史、公民」と「理科2」の試験について、「2科目受験する」と登録した場合は、試験当日に1科目のみ受験とすることは不可。このため、遅刻者の試験室への入室限度(「地理歴史、公民」は午前9時50分、「理科2」は午後3時50分)までに入室しないと、後半の第2解答科目を含めて受験できなくなる。なお、第1解答科目のみを受験して、途中退室することもできない。

 そのほか、受験する教科によっては、「倫理」と「倫理、政治・経済」のように類似の名称の科目が同一の問題冊子に編集されている。解答する科目が掲載されているページを間違えないように、よく確認することを促した。

解答用紙の様式見本を確認



 「試験問題冊子の注意事項などについて」では、試験問題冊子の注意事項、解答用紙の様式(見本)を掲載。「地理歴史」「理科1」「数学1」「数学2」「理科2」について、確認できる。

 さらに「地理歴史、公民」「理科1」「理科2」については、選択した科目のマークミスが生じやすいため、解答科目欄の「正しいマーク例」と「不適切なマーク例」を示している。誤ってマークした場合は適切に採点されず、場合によっては個別学力検査の出願資格を失う場合もあるという。マークする際は十分注意したい。

 「受験上の注意」「試験問題冊子の注意事項などについて」「解答科目欄の不適切なマーク例」は、大学入試センターのWebサイトで確認できる。そのほか、センター試験利用大学の入試情報なども掲載されている。
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)