京都水族館、6年連続ケープペンギンの赤ちゃん誕生…初の名前投票も

趣味・娯楽 その他

孵化直後のケープペンギンの赤ちゃん(画像左)2017年11月29日に誕生(画像右)12月1日に誕生
  • 孵化直後のケープペンギンの赤ちゃん(画像左)2017年11月29日に誕生(画像右)12月1日に誕生
  • 京都水族館
 京都水族館は、2017年11月29日と12月1日にケープペンギンの赤ちゃんが2羽誕生したと発表した。京都水族館でケープペンギンの赤ちゃんが生まれるのは6年連続のこと。今回は、12月23日~2018年2月14日の期間、初となる赤ちゃんペンギンの名前投票も行う。

 京都水族館で飼育展示しているケープペンギンは、毎年10月から翌年5月頃にかけて繁殖の時期を迎えるという。2017年も10月22日と23日に産卵が確認され、無事今季初となる2羽の赤ちゃんが誕生した。京都水族館によると、現在は2羽とも「ペンギン」エリアの巣箱の中で親ペンギンに守られながら、すくすくと成長中だという。

 京都水族館のケープペンギンには、今回産卵した母親ペンギン「むろ(室町通り)」「まつ(松原通り)」のように、すべて京都の実在する通りの名前がつけられている。従来は飼育スタッフが名付けてきたが、今回初めて来館者の投票により名前を決定する一般投票を行う。スタッフが京都に実在する通り名の中から事前に絞り込んだ名前候補を掲示し、来館者はその中から赤ちゃんペンギンに合うと思われるものに投票することができる。

 投票期間は2017年12月23日~2018年2月14日まで。投票結果を踏まえ、3月中旬に正式決定する予定だ。現在、「ペンギン」エリアの壁面にあるホワイトボードでは、飼育スタッフの手書きによる赤ちゃんの成長記録を掲示しており、生後間もないこの時期限定のふわふわの毛の赤ちゃんペンギンのようすとともに間近で見ることができる。

◆京都水族館 ケープペンギンの赤ちゃん 名前投票
期間:2017年12月23日(土・祝)~2018年2月14日(水)
発表時期:2018年3月中旬の予定
投票方法:事前にスタッフが選んだ候補名の中から、赤ちゃんペンギンに似合う名前を選び水族館内の投票箱に投票
※赤ちゃんペンギンの体調やその場の状況により公開を中止する場合あり
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)