東京都、第2期スポーツ特別強化校を指定…城東・駒場など29校46部

 東京都教育委員会は平成29年12月14日、第2期「スポーツ特別強化校」の指定校を公表した。優秀な競技実績を継続し全国大会を目指す「特別強化部」には、城東高校のバスケや硬式野球、駒場高校のサッカーや水泳など29校46部が指定された。指定期間は平成30年度より3年間。

教育・受験 高校生
東京都教育委員会
  • 東京都教育委員会
  • 「スポーツ特別強化校」一覧 1型「特別強化部」29校46部
  • 「スポーツ特別強化校」一覧 2型「育成競技」11校12部と「準特別強化部」11校11部
 東京都教育委員会は平成29年12月14日、第2期「スポーツ特別強化校」の指定校を公表した。優秀な競技実績を継続し全国大会を目指す「特別強化部」には、城東高校のバスケや硬式野球、駒場高校のサッカーや水泳など29校46部が指定された。指定期間は平成30年度より3年間。

 「スポーツ特別強化校」には、競技力の高い運動部活動のある都立学校が指定される。平成32年度に開催される東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を契機とし、スポーツの全国大会や関東大会への出場を目指す都立高校を増加させていくことが目的。平成27年度に指定された第1期「スポーツ特別強化校」の指定期間満了に伴い、このたび第2期の指定校が公表された。

 1型「特別強化部」では、運動部活動が優秀な競技実績を継続し、今後も全国大会などへの出場を目指す29校46部を指定。城東高校のバスケットボール(男)・なぎなた(女)・陸上競技(男女)・硬式野球(男)、富士高校の剣道(男女)・陸上競技(男女)、駒場高校の柔道(男女)・サッカー(男)・水泳(男女)・体操競技(男女)・バレーボール(女)のように、複数の部活動が指定を受けている学校もある。

 2型「育成競技」では、オリンピック開催に向け、競技人口の少ないスポーツを普及・育成する目的で11校12部を指定。日本橋高校のボート(男女)・ヨット(男女)、農芸高校の馬術(男女)、山崎高校のアーチェリー(男女)など。

 そのほか、1型に準じる部活動を「準特別強化部」として認定。三鷹中等教育学校の陸上競技(男女)や日野高校のバレーボール(女)など、11校11部が指定された。

 東京都教育委員会はこの事業により、都立高校運動部全体の活性化と競技力の向上を一層推進させるとしている。
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)