【センター試験2018】4都府県で4人が不正行為

教育・受験 高校生

大学入試センター
  • 大学入試センター
  • 平成30年度大学入試センター試験の不正行為
 平成30年1月13日より2日間にわたって実施された平成30年度(2018年度)大学入試センター試験では、1月14日午後8時時点で4人の不正行為があったことが、大学入試センターの発表により明らかになった。

 平成30年度大学入試センター試験では、1月13日に京都府と大分県でそれぞれ1人、1月14日に東京都と福岡県でそれぞれ1人、4都府県で計4人の不正行為が発覚した。

 不正行為のうち、「試験終了後のマークシートの修正」が2人、「解答開始前に問題冊子を開き、リスニング機器を装着・操作」が1人、「分度器の使用」が1人だった。不正を行った4人の受験生は、センター試験の全科目が無効となる。

 不正行為の人数は、記録を取り始めた平成18年より過去12年間で過去最多だった平成29年度の12人と比べ、8人減少。「電卓の使用」「スマートフォンの使用」による不正は、今回はなかった。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)