【センター試験2018】平均点・標準偏差値など中間集計(1/17)国語102.36点、英語筆記125.50点など

教育・受験 高校生

大学入試センター
  • 大学入試センター
  • 平成30年度大学入試センター試験(本会場)平均点等一覧(中間集計)
  • 平成30年度大学入試センター試験 追試験の実施について
  • 2018年度大学入試センター試験 予備校の予想平均点表(2018年1月15日18時35分時点) ※画像は各予備校の発表をもとにリセマム編集部が作成
 大学入試センターは平成30年1月17日、平成30年度(2018年度)大学入試センター試験の平均点等一覧(中間集計)を発表した。1月20日(土)と22日(日)に一部会場で実施される追試験・再試験実施に関する情報も公開している。

 平成30年度(2018年度)大学入試センター試験の平均点等一覧は、平成30年1月13日および14日に行われたセンター試験における、平均点、最高点、最低点、標準偏差値などのデータを中間集計したもの。平均点を算出するために中間集計の対象とした受験者数は26万827人。

 大学入試センターの中間集計によると、平均点はそれぞれ「国語」102.36点、「世界史B」70.18点、「日本史B」63.92点、「地理B」70.22点、「現代社会」60.38点、「倫理」67.52点、「政治・経済」57.66点、「倫理、政治・経済」73.06点、「数学I・数学A(数IA)」63.62点、「数学II・数学B(数IIB)」53.96点、「物理基礎」32.58点(65.16点)、「化学基礎」31.23点(62.46点)、「生物基礎」36.61点(72.62点)、「地学基礎」34.94点(69.88点)、「物理」63.19点、「化学」62.06点、「生物」62.38点、「地学」49.87点。「外国語」は、英語(筆記)が125.50点(62.75点)、英語(リスニング)が23.05点(46.10)だった。

 大学入試センターはこのあと、1月19日(金)に得点調整の有無を公開予定。2月1日(木)には最終集計の結果を発表する。

 なお、1月21日(土)および22日(日)は追試験と再試験を実施予定。追試験の試験会場はそれぞれ、東日本が東京芸術大学と千葉工業大学、西日本が大阪教育大学。追試験の受験許可者数は東日本が287人、西日本が193人、合計480人。再試験の対象者は、試験監督者の対応誤りがあった大阪学院大学試験場の43人を含む5大学6試験場の141人。全再試験対象者のうち、39人が再試験受験を希望している。
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)