全天候型大型施設「京王あそびの森」多摩動物公園駅前に3/13オープン

 京王電鉄は、2018年3月13日に京王線 多摩動物公園駅前に新たにオープンする子ども向け全天候型遊戯施設「京王あそびの森 HUGHUG(ハグハグ)」の施設詳細を発表した。あわせて発表された施設公式キャラクター「ハグーと仲間たち」は施設随所に登場する。

趣味・娯楽 未就学児
京王あそびの森 HUGHUG 外観・エントランスイメージ
  • 京王あそびの森 HUGHUG 外観・エントランスイメージ
  • ネット遊具「ハグハグのき」
  • 公式キャラクター「ハグ―と仲間たち」
  • フロアマップ
 京王電鉄は、2018年3月13日に京王線 多摩動物公園駅前に新たにオープンする子ども向け全天候型遊戯施設「京王あそびの森 HUGHUG(ハグハグ)」の施設詳細を発表した。あわせて発表された施設公式キャラクター「ハグーと仲間たち」は施設随所に登場する。

 「京王あそびの森 HUGHUG」は、「木育」「体育」「知育」をコンセプトとした、国内有数の全天候型大型遊戯施設。施設内は、高さ約12m、直径約15mにもなる日本最大級のネット遊具「ハグハグのき」や、全周約200mの屋内ミニSL「ハグハグトレイン」など、コンセプトに沿った7つのコンテンツで構成されている。思い切り体を動かして遊べるスペースから、ワークショップに参加できるスペースなど、心と頭と体をフルに使って遊べる施設だ。

 さらに、子ども向けメニューを豊富に取りそろえ親子で食事を楽しめるカフェや、オリジナルグッズを取り扱うギフトショップも併設。カフェとギフトショップは施設入場料不要で利用することもできる。

 また、施設公式キャラクターとして「ハグ―と仲間たち」も登場。人間の子どもと一緒に遊ぶのが好きで楽しい時や感動した時にハグをする習性を持つメインキャラクター「ハグー」のほか、カワセミやウサギ、タヌキ、ムササビなど多摩の森にすむ動物などをモチーフとした妖精全10種類からなるキャラクターが、建物装飾やオリジナルグッズなど随所に登場する。

 おもなターゲットは0~12歳以下の子どもとその保護者。料金は中学生以上は1日700円、小学生以下の子どもは最初の30分600円、以降15分毎に200円。平日1日フリーパス1,400円(子どものみ)も用意されている。なお、6か月未満の子どもは無料。内装や一部のおもちゃには多摩産材を使用するなど、地産地消の取組みも行っている、多摩エリア注目の新施設だ。

◆京王あそびの森 HUGHUG(ハグハグ)
開業日:2018年3月13日(火)
所在地:東京都日野市程久保3丁目36番60他(京王線多摩動物公園駅下車すぐ)
営業時間:
・遊戯施設 9:30~17:30(最終入館17:00)
・カフェ 10:00~17:30(ラストオーダー17:00)
・ショップ 9:00~18:00
※カフェ・ショップのみの利用(入場料不要)可
定休日:水曜日・年末年始(12月29日~翌年1月1日)
※水曜日が祝日の場合は翌日休業(開業翌日の3月14日(水)は臨時営業)
※上記にかかわらず、ショップは多摩動物公園の開園日に営業
入場料:
・大人(中学生以上) 700円/1日
・子ども(小学生以下)600円/30分、以降200円/15分※6か月未満の子どもは無料
・平日1日フリーパス 1,400円(子どものみ)※混雑時は販売制限する場合あり。特定期間を除いた平日のみの販売
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)