エイサー、教育機関向け「Acer Chromebook 11 LTE」2018年春発売

教育ICT 高校生

 日本エイサーは2018年1月24日、教育機関向けにNTTドコモのLTE通信モジュールを内蔵した「Acer Chromebook 11 LTE」を2018年春に発売すると発表した。インテルCeleronプロセッサー搭載の軽量モデル。LTE接続により、無線LAN環境が不要となる。

 Chromebookは、2014年に日本エイサーが日本に正式投入し、現在、学校や企業への導入が進んでいる。私立広尾学園高等学校(医進・サイエンスコース)や東北学院中学校・高等学校、東京農工大学は、Acer Chromebookを導入。日本エイサーのWebサイトには導入事例が掲載されている。

 2018年春に発売予定のAcer Chromebook 11 LTEは、NTTドコモの相互接続試験を完了したLTE通信モジュールを内蔵するChromebook初のモデル。NTTドコモが提供するLTE接続サービスにより無線LAN環境が不要となり、校外学習など場所を問わない自由な学習スタイルが実現できる。

 インテルCeleronプロセッサーや11.6型ディスプレイ、丸1日の授業でも安心して使える最長12時間駆動バッテリーを搭載。米国における軍用品の調達規格「MILスペック」のタフボディは、122cmの高さから落としても安心。画面を最大180度開けるため、画面共有にも適している。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)