【高校受験2018】岡山県、第2次進学希望調査(1/10時点)岡山城東1.41倍など

教育・受験 中学生

岡山県 平成30年3月中学校等卒業見込者進学希望状況第2次調査(平成30年1月10日現在) 進路別希望状況
  • 岡山県 平成30年3月中学校等卒業見込者進学希望状況第2次調査(平成30年1月10日現在) 進路別希望状況
  • 岡山県 平成30年3月中学校等卒業見込者進学希望状況第2次調査(平成30年1月10日現在) 県内・県外別、公立・私立別進学希望状況
  • 岡山県 平成30年3月中学校等卒業見込者進学希望状況第2次調査(平成30年1月10日現在) 県立全日制高等学校学科別募集定員と進学希望者数
 岡山県教育委員会は平成30年(2018年)1月25日、平成30年3月中学校卒業見込者の進学希望状況第2次調査(平成30年1月10日現在)を発表した。卒業見込者は、前年比446人減の18,191人。学校別の志願倍率は、岡山城東(普通)1.41倍、岡山朝日(普通)1.19倍など。

 岡山県教育委員会が実施した平成30年1月10日現在の第2次進学希望調査によると、平成30年3月中学校卒業見込者(中等教育学校の前期課程修了見込者を含む)は18,191人、進学希望者は18,031人で卒業見込者の99.1%を占める。前年の第2次調査と比較すると、卒業見込者は446人減少、進学希望者は427人減少。進学希望率は0.1ポイント増加した。

 進学希望者のうち、県内の県立高校を希望する割合は71.5%、市立高校は3.1%、私立高校は19.3%、県外の高校は2.9%が希望した。学科別の志望倍率は、普通系専門学科の国際情報がもっとも高く1.73倍、ついで普通系専門学科の体育1.43倍、情報に関する学科1.40倍、福祉に関する学科1.38倍、普通系専門学科の理数1.36倍、家庭に関する学科1.25倍など。県立全日制全体では1.09倍となり、前年より0.03ポイント減少した。

 学校別に見ると、志望倍率が高いのは西大寺(商業)1.78倍、倉敷中央(看護)1.73倍、笠岡工業(電子機械)1.68倍、高松農業(食品科学)1.63倍、水島工業(情報技術)1.63倍、岡山南(生活創造)1.55倍、津山工業(機械)1.55倍、興陽(家政)1.45倍など。そのほか岡山城東(普通)1.41倍、岡山朝日(普通)1.19倍となった。

 倍率が2倍以上の学校・学科は該当なし。一方、希望者が募集定員に満たない学校・学科は、県立全日制高校で27校41科となった。

 岡山県立高校の一般入試(第I期)は、2月26日~2月28日正午にかけて出願受付、3月8日に学力検査、3月9日に面接・実技を実施。3月16日に合格発表を行う。
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)