【中学受験2018】東京都中等教育学校・中学校、計89名が繰上げ合格

教育・受験 小学生

東京都教育委員会
  • 東京都教育委員会
  • 平成30年度(2018年度)東京都立中等教育学校および東京都立中学校の入学者決定入学手続状況(一般枠募集)
 東京都教育委員会は、平成30年度(2018年度)東京都立中等教育学校および東京都立中学校の入学者決定入学手続状況(一般枠募集)を平成30年2月13日に公表した。繰上げ合格者数は、小石川中等教育26名、武蔵高等学校附属9名など。10校全体では計89名となった。

 平成30年度東京都立中等教育学校および東京都立中学の一般枠募集は、2月3日に検査を実施。2月9日に合格発表が行われ、2月9日と13日に入学手続を受け付けた。10校全体の合格人員1,383名に対して入学手続人員は1,294名で、繰上げ合格者数は計89名となった。

 小石川中等教育は、合格人員159名のうち入学手続人員が133名。白鴎高等学校附属は、合格人員134名のうち入学手続人員が125名。両国高等学校附属は、合格人員120名のうち入学手続人員が113名。桜修館中等教育は、合格人員160名のうち入学手続人員が145名。富士高等学校附属は、合格人員120名のうち入学手続人員が113名。大泉高等学校附属は、合格人員120名のうち入学手続人員が117名。南多摩中等教育は、合格人員160名のうち入学手続人員が156名。立川国際中等教育は、合格人員130名のうち入学手続人員が128名。武蔵高等学校附属は、合格人員120名のうち入学手続人員が111名。三鷹中等教育は、合格人員160名のうち入学手続人員が153名。

 なお、入学手続人員が募集人員に達しない場合、募集人員を充足するまで各校の校長が繰上げ合格候補者の入学意思を順位に従って速やかに確認し、入学意思のある者を繰上げ合格者として決定する。
《荻田和子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)