絵本の主人公になろう、未就学児の遊び場登場…柏の葉 蔦屋書店2/25

趣味・娯楽 未就学児

PAPAMOでのあそびのようす
  • PAPAMOでのあそびのようす
  • PAPAMOでのあそびのようす
 GOB Incubation Partnersが運営するあそび場「PAPAMO(パパモ)」は2018年2月25日、千葉県「柏の葉 蔦屋書店」にて未就学児を対象としたイベント「絵本の中の主人公になろう」を開催する。対象は3歳から6歳の未就学児で、参加費は2,000円(税込)。Webサイトにて事前申込みを受け付けている。

 PAPAMOは「親戚のおうちのようなあそび場」をコンセプトに、遊休スペースを活用した未就学児向けの土日のあそび場を提供している。運動やアートなど子どもの個性を引き出せるようなテーマであそびを展開し、保育士や習いごとの先生が実施するため、子どもたちが友だちやスタッフと全力で遊んでいる間、保護者は子どもから目を離したり外出したりと、自分の時間を持つことが可能だという。

 現在、東京都内11拠点(台東区・中央区・板橋区・江戸川区・北区・豊島区・世田谷区・三鷹市・国立市・調布市)で展開しているPAPAMOだが、千葉県柏市周辺のファミリー層にもPAPAMOを体験してもらうことを目的に「柏の葉 蔦屋書店」にて開催。今回が2回目となる。日本最大級の児童書の蔵書数3万冊を誇る書店をあそび場にすることで、多くの子どもたちに絵本をはじめとしたさまざまな児童書との出会いのきっかけを作ることができるほか、保護者は読書や施設内のカフェで自由時間を過ごせるメリットがある。

 当日は、「絵本の中の主人公になりきる」プログラムを実施予定。絵本「ねこざかな」の読み聞かせを行ったあと、体を動かす遊びをしながら主人公である“ねこざかな”になりきる体験をする。さらに、カードを使ったゲームや、廃材を使った製作あそびにもチャレンジ。頭も体もフル回転させ子どもが大満足するあそび場を提供する。

 対象は3歳から6歳の未就学児。1回90分で1日3回開催。参加費は2,000円(税込、材料費・保険料含む)。PAPAMOのWebサイトにて申込みを受け付けている。PAPAMOでは、今後も展開中の拠点以外に、書店や百貨店、モール、ショールームなど、親子が集う場を中心にさまざまなテーマやプログラムを設定したあそび場を開催していくという。

◆PAPAMO「絵本の中の主人公になろう」
日時:2018年2月25日(日)9:30~11:00/11:15~12:45/13:30~15:00
※全回同一プログラムを実施
場所:柏の葉T-SITE 2F 柏の葉ラウンジ(千葉県柏市若柴227-1)
対象:3~6歳の未就学児(上の兄弟が一緒に参加する場合は2歳半から参加可)
料金:1回90分 2,000円(税込、材料費・保険料含む)
持ち物:水筒、ハンドタオル、着替え一式(必要な場合はスタイ)、紙おむつ(必要な場合のみ)
申込方法:Webサイトから申し込む
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)