迷子防止タグ「biblle」ジャストシステム限定モデル発売

デジタル生活 未就学児

biblle 一太郎2018Limited Edition
  • biblle 一太郎2018Limited Edition
  • 大事な人の迷子を防止する
  • biblleを大事な物につける
 ジャストシステムは、一太郎2018発売記念モデルの見守りタグ「biblle 一太郎2018Limited Edition」を2018年2月28日に発売する。価格は1個3,996円(税込)、レッドとゴールドの2色展開で、200台ずつ限定販売する。

 「biblle 一太郎2018Limited Edition」は、大事な物や人にキーホルダーのように取り付けて、スマートフォンやタブレットとBluetooth接続することにより、音を鳴らして物や人の所在を探し出せる、キーホルダー型トラッキングデバイス。子どもや高齢者に持ってもらえば、迷子の防止になる。

 一太郎2018の発売を記念して、鮮やかな色で目に付きやすく見つけやすい一太郎パッケージを採用した限定モデル。ボタンがある面にはLEDを内蔵しており、ボタンを押すと「biblle」のロゴが赤く光る。ラインアップはレッドとゴールドの2色。お得な2個セット、4個セットもある。

 biblleを子どもに持ってもらえば、迷子の防止になる。30メートル離れると、スマートフォンの専用アプリに通知される。すぐに気付かなかったときでも、最後にはぐれてしまった位置情報を確認して探すことができる。近くまで来るとブザーを鳴らすことができるので、音を聞きながら捜索が可能。

 また、biblleのボタンを押すことで、迷子から家族に知らせることもできる。biblleのボタンを押すと、スマートフォンからbiblleを呼び出す時よりも遠くまでお知らせを飛ばすことができる(約50~70メートル)。遠く離れてしまった場合も、見守りネットワークを使うことで、最新の位置情報を確認しながら探すことができる。

 財布などの大事な物にbiblleを取り付けた場合は、スマートフォンやタブレットからbiblleを鳴らし、近くにあるときにはbiblleに搭載のブザーが鳴り、場所を知らせてくれる。一方、スマートフォンやタブレットを見失った場合にも、biblleの端末に付いているボタンを押せば、マナーモードになっていても音を鳴らして所在を知らせてくれる。

 また、通知機能により30メートル離れると知らせてくれるため、置忘れを防ぐことができる。もし気が付かなかったとしても、どこまで一緒にあったか知ることができる。

 価格は1個3,996円(税込)、2個組は一太郎・ATOKユーザー優待価格が7,450円(税込)、ジャストシステム製品登録ユーザー優待価格が7,750円(税込)。4個組での販売もある。ジャストシステムが運営するオンラインショッピングサイト「Just MyShop」では、2月16日より予約販売を行っている。

 なお、biblleは最初に購入すれば、ランニングコストはかからずに使用できる。ボタン型乾電池(CR1620)で駆動し、最長で約半年間使用可能。電池を交換することで、繰り返し利用できる。biblleのアプリケーションは無償。

◆biblle 一太郎2018Limited Edition
本体サイズ:W22mm×H60mm×D5.5mm
重量:約9グラム
電源:ボタン型乾電池CR1620×1個
対応端末:iOS9以上、またはAndroid4.4以上を搭載で、Bluetoothに接続可能なスマートフォン・タブレット端末
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)