若者の○○離れ、2位に「新聞」1位は?

 「若者の○○離れ」というワードがメディアで取り上げられている。10代から70代の男女が選んだ「若者の○○離れ」の1位は「車離れ」であることが、DeNAトラベルが実施した調査により明らかになった。収入の減少やスマートフォンの普及といった要因が関係しているようだ。

生活・健康 その他
あなたが感じる「若者の○○離れ」について
  • あなたが感じる「若者の○○離れ」について
  • あなたが感じる「若者の○○離れ」について 年代別の結果
  • 現在「○○離れ」しているが本当はやりたいことについて(10代~30代)
  • 「若者の○○離れ」が進む理由について
  • 「若者の○○離れ」が進む理由について 上位5項目別の結果
  • 「若者の○○離れ」が進む理由について 年代別の結果
 「若者の○○離れ」という言葉。10代から70代の男女が選んだ「若者の○○離れ」の1位は「車離れ」であることが、DeNAトラベルが実施した調査により明らかになった。「若者の○○離れ」には収入の減少やインターネット・スマートフォンの普及といった要因が関係しているようだ。

 「若者の〇〇離れ」に関するアンケート調査は、オンライン総合旅行サービス「DeNAトラベル」を運営するDeNAトラベルが、10代から70代の男女を対象に実施したもの。2018年2月8日から2月11日にかけてインターネット調査にて実施し、1,184名の有効回答を得た。

 あなたが感じている「若者の〇〇離れ」を選んでください、との質問でもっとも多い回答は「車離れ」で、3人に1人にあたる33.0%が回答した。ついで「新聞離れ」13.2%、「読書離れ」「結婚離れ」ともに7.9%、「お酒離れ」6.6%と続いた。「車離れ」は各年代で1位となり、2位以下に大きく差をつけた。年代別にみると、20代・30代では「テレビ離れ」や「タバコ離れ」などが上位に入り、50代・60代では「読書離れ」「お酒離れ」が上位に入るなど、趣味趣向に関して世代間で認識に違いがあることがわかる結果となった。

 若者世代の10代から30代に本当はやってみたいことを聞いたところ、1位は「旅行」15.8%という結果に。旅行は多額のお金と長期休暇が必要なためなかなか行く機会が持てないが、実際は行きたいという欲求があるよう。ついで多かったのは「読書」13.4%。「読書離れ」が進んでいるという実感も高く、活字離れの危機感と自由な時間を持ちたいという意識がみられた。そのほか「車」11.5%、「恋愛」9.6%、「海で遊ぶ」6.7%、「結婚」5.3%と続いた。

 「若者の〇〇離れ」が進む理由については、「インターネット・スマホの発達」がもっとも多く、4人に1人(26.4%)が支持。自宅で簡単にさまざまな情報やエンターテイメントを楽しめることが「〇〇離れ」を進めていると考えている人が多いようだ。ついで「収入の減少」21.8%、「時代の変化」17.3%、「多様な生き方への寛容化」9.0%などが選ばれた。

 「〇〇離れ」が進む上位5項目についてそれぞれ理由を集計したところ、「車離れ」「お酒離れ」は「収入の減少」がもっとも多く、「新聞離れ」「読書離れ」では「インターネット・スマホの発達」、「結婚離れ」は「多様な生き方の寛容化」がもっとも多い回答となった。また、「若者の〇〇離れ」を解決するには何をすればいいか、との問いには、さまざまな意見が寄せられたものの、全体的に「時代の変化を受け入れ、無理に解決する必要はないのではないか」との意見が多くみられた
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)