普通教室向け2in1「Chromebook」レノボ、想定4万8千円で5月発売

 レノボ・ジャパンは2018年3月13日、教育機関での利用に適したICT端末として11.6型回転型マルチモード2 in 1「Lenovo 300e」「Lenovo 500e」を発表した。Chrome OSを搭載し、教育クラウドとの連携を考慮して設計されている。

教育ICT 先生
Lenovo 300e
  • Lenovo 300e
  • Lenovo 300e
  • Lenovo 300e
  • Lenovo 300e
  • Lenovo 500e
  • Lenovo 500e
  • Lenovo 500e
  • Lenovo 500e
 レノボ・ジャパンは2018年3月13日、教育機関での利用に適したICT端末として11.6型回転型マルチモード2 in 1「Lenovo 300e」「Lenovo 500e」を発表した。Chrome OSを搭載し、教育クラウドとの連携を考慮して設計されている。

 「Lenovo 300e」「Lenovo 500e」は、レノボとして初めてのChrome OS搭載端末。Chromebookはクラウド型の教育システムのデバイスとして使い勝手に優れ、資料作成に便利なG Suite for Educationやデータを保管しておけるGoogleドライブが教育機関は無償で利用できる。

 NTTコミュニケーションズが提供する教育クラウドプラットフォーム「まなびポケット」とも連携しており、複数の教材会社から提供される教材コンテンツに対して、シングルサインオンでログインできるほか、活用履歴が把握できるので児童生徒の進捗確認もできる。

 普通教室向けに設計されており、授業中に机から落とす可能性も想定した75cm落下テストをクリア。防滴キーボードを採用し、屋外での授業でも使うことができる。

 Lenovo 500eは、本体内蔵式のActive Penが同梱されており、キーボードの操作が困難な小学校低学年児童の授業にもお勧めだという。イン・アウト2つのカメラを装備しているので、課外学習でもデジタルカメラ代わりに撮影できる。

 1人1台の環境で導入できるようコストパフォーマンスを追求し、想定販売価格は4万8,000円前後。2018年5月の発売を予定している。

◆Lenovo 300e
OS:Chrome OS
プロセッサー:MediaTek MTK 8173C
メモリー:4GB
ストレージ:32GB eMMC
ディスプレイ:LEDバックライト付11.6型HD IPS液晶(1366×768ドット)、マルチタッチ対応(10点)
インターフェース:USB Type-C、USB 3.0、HDMI、SDメディアカードリーダー、マイクロフォン/ヘッドフォン・ジャック、ケンジントンロックスロット
カメラ:720pフロントカメラ
ワイヤレス:IEEE802.11ac/a/b/g/n、Bluetooth 4.0
バッテリー駆動時間:後日発表
本体寸法:約292×204×21.2mm
本体質量:約1.36kg
想定販売価格:4万8,000円前後(税別)より
※2018年3月13日(火)現在の想定価格帯。実際の販売価格は発売時に決定する
発売日:2018年5月予定

◆Lenovo 500e
OS:Chrome OS
プロセッサー:インテルCeleronプロセッサーN3450
メモリー:4GB
ストレージ:32GB eMMC
ディスプレイ:LEDバックライト付 11.6型HD IPS液晶(1366×768ドット)、マルチタッチ対応(10点)
インターフェース:USB Type-C×2、USB 3.0×2、microSDメディアカードリーダー、マイクロフォン/ヘッドフォン・ジャック、ケンジントンロックスロット
カメラ:720pフロントカメラ、500万画素リアカメラ
ワイヤレス:IEEE802.11ac/a/b/g/n、Bluetooth 4.2
バッテリー駆動時間:後日発表
本体寸法:約290×204×20.35mm
本体質量:約1.35kg
想定販売価格:5万8,000円前後(税別)より
※2018年3月13日(火)現在の想定価格帯。実際の販売価格は発売時に決定する
発売日:2018年5月予定

※編集部注:情報元の訂正に伴い、記事の一部を修正しました。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)