小学校卒業式、女子2人に1人は和装を希望…保護者は悩み

 名古屋市教育委員会が行った「小学校卒業式における服装に関するアンケート」によると、小学校高学年女子の約半数が和装を希望する一方、保護者の4割以上が「華美になりすぎている」「経済的負担が大きい」と回答したことが明らかとなった。

教育・受験 小学生
小学校卒業式の服装についてのアンケート調査 卒業式で着用したい服装と着用したい理由
  • 小学校卒業式の服装についてのアンケート調査 卒業式で着用したい服装と着用したい理由
  • 小学校卒業式の服装についてのアンケート調査 子どものの卒業式服装の予定と着用させる理由
  • 小学校卒業式の服装についてのアンケート調査 卒業式の服装に対する考えについて
  • 小学校卒業式の服装についてのアンケート調査 今後どうしたらよいかについて
 名古屋市教育委員会が行った「小学校卒業式における服装に関するアンケート」によると、小学校高学年女子の約半数が和装を希望する一方、保護者の4割以上が「華美になりすぎている」「経済的負担が大きい」と回答したことが明らかとなった。

 名古屋市教育委員会が行った「小学校卒業式における服装に関するアンケート」は、平成30年1月19日から26日にかけて、各区1校の小学校5、6年生の児童および保護者を対象に実施。回答数は児童合計1,751件、保護者合計1,574件だった。

 児童が希望する卒業式で着用したい服装は、男子は5、6年生ともに「洋装(スーツ、ドレスなどを含む))」がもっとも多く、5年男子44.0%、6年男子57.2%が着用したいと回答した。女子は5、6年生ともに「和装(はおり、着物、はかまを含む)」がもっとも多く、5年女子49.3%、6年女子49.5%だった。

 着用したい理由は、性別・学年問わず「卒業式にふさわしいと思うから」がトップで、全体では46.6%が回答した。全体では「かっこいいから」19.1%、「家族が着てほしいと言っているから」16.7%、「友達が着るから」10.6%と回答が続く。

 保護者に子どもの卒業式の服装の予定を聞いたところ、すべての学年・性別で「洋装」がトップ。しかし6年男子では「洋装」79.6%、「和装」12.9%である一方、6年女子では「洋装」49.5%、「和装」47.7%だった。

 着用させる理由については。6年男子保護者が「卒業式にふさわしいと考えている」48.3%がもっとも多く、6年女子の保護者では「子どもが希望している」46.7%がもっとも多かった。卒業式の服装に対する考えについては、「華美になりすぎている」と感じている保護者が44.6%、「経済的負担が大きい」については45.2%が「そう思う」と回答した。

 卒業式服装の予定について今後どのようにすべきかとの項目にそれぞれ「そう思う」と回答した保護者は、「家庭で判断」52.5%、「保護者と学校で話し合って判断」36.7%、「市全体として一定の方針が必要」33.9%。名古屋市教育委員会ではアンケート結果を踏まえた今後の対応として、市全体として一律的に規制などをすることなく、学校の実態に応じて学校ごとに対応を検討するとしている。
《勝田綾》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)