【GW2018】2会場追加、国内最大級クラシック音楽祭「ラ・フォル・ジュルネ」5/3-5

 2018年5月3日から5月5日のゴールデンウィークの3日間、国内最大級のクラシック音楽祭「ラ・フォル・ジュルネ TOKYO」(LFJ)が開催される。これまで開催していた東京国際フォーラムと丸の内エリアに加え、新たに東京芸術劇場と池袋エリアが追加される。

趣味・娯楽 未就学児
2018年「ラ・フォル・ジュルネ TOKYO」 0歳からのコンサート
  • 2018年「ラ・フォル・ジュルネ TOKYO」 0歳からのコンサート
  • 2018年「ラ・フォル・ジュルネ TOKYO」 こどもたちの音楽アトリエ
  • 2018年「ラ・フォル・ジュルネ TOKYO」 キッズのためのシネマ・コンサート
  • 2018年「ラ・フォル・ジュルネ TOKYO」 エリアコンサート(イメージ)
  • 2018年「ラ・フォル・ジュルネ TOKYO」 新しく追加された「東京芸術劇場」
  • ラ・フォル・ジュルネ TOKYO 2018~モンド・ヌーヴォー 新しい世界へ~
 2018年5月3日から5月5日のゴールデンウィークの3日間、国内最大級のクラシック音楽祭「ラ・フォル・ジュルネ TOKYO」(LFJ)が開催される。これまで開催していた東京国際フォーラムと丸の内エリアに加え、新たに東京芸術劇場と池袋エリアを追加。赤ちゃんからクラシック通までピクニック気分で気軽に楽しむことができる。

 「ラ・フォル・ジュルネ」は、1995年にフランス西部の港町ナントで誕生したクラシック音楽祭。その後世界各国へ広がりを見せ、東京では2005年の東京国際フォーラムで初開催以来、2016年までに延べ726万人が参加しているという、世界最大級のクラシックの祭典だ。2017年までは「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」として開催してきたが、2018年より名称新たにエリアを拡大し、さらにパワーアップしたイベントとして開催する。

 2018年のテーマは「モンド・ヌーヴォー 新しい世界へ」。3日間で約400公演が予定されており、来場者は約50万人を見込んでいる。初開催となる池袋エリアでは、東京芸術劇場の3会場で53公演を開催するほか、「こどものための音楽アトリエ」など無料イベントも開催。池袋西口公園、南池袋公園でも無料コンサートが実施される。

 さらに、幼いころから本物の音楽に触れてほしいとの思いから、LFJは子ども向けのプログラムも多数実施する。0歳から入場できる「0歳からのコンサート」は、各日午前中に開演。そのほか毎日午後6時半より前に開演する公演はすべて3歳以上の子どもが入場可能、3歳から小学生までは「こども割引」が適用され500円から300円割引となる。

 有料公演のほかにも子どもが音楽と触れ合える場として、音楽を五感で楽しむ子ども向けワークショップ「こどもたちの音楽アトリエ」を各日1プログラムずつ開催。いずれも全身で音楽を体感できる内容で、有料公演のチケットもしくは半券があれば無料で参加できる。そのほか、チャップリンの映画に合わせてジャズピアニストの演奏が楽しめるプログラム「キッズのためのシネマ・コンサート」などが催される。

 約400公演のうち有料公演は178公演。1公演1,500円からの低料金で、チケットが1枚あれば無料コンサートやイベントも楽しめるのが魅力だ。各開催エリアでは無料コンサートも多数実施され、アマチュア、音大生のほか、公演出演アーティストによるサプライズコンサートが行われることもあるという。

 チケットは、東京国際フォーラム、東京芸術劇場、LFJチケット販売サイトで販売しているほか、チケットぴあや指定プレイガイドでも購入できる。3月17日より一般販売を開始しているため、公演によってはすでに予定枚数に達している場合もある。

◆ラ・フォル・ジュルネ TOKYO 2018~モンド・ヌーヴォー 新しい世界へ~
日程:2018年5月3日(木・祝)、4日(金・祝)、5日(土・祝)
会場:東京国際フォーラム、大手町・丸の内・有楽町、東京芸術劇場、池袋西口公園、南池袋公園
チケット販売:東京国際フォーラム窓口、東京芸術劇場窓口、LFJチケット販売サイト、チケットぴあ、ほか指定プレイガイド
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)