「Gifte!」親子体験、4-6月は金融・将棋・プログラミングなど

 みらいスクールが運営する親子体験プラットフォーム「Gifte!(ギフテ)」は2018年4月~6月、お金体験や将棋体験、プログラミング体験、キッズアナウンサー体験を開催する。同じジャンルの体験でも参加学年を細かく設定し、より学びを深める内容となっている。

教育イベント 小学生
親子体験プラットフォーム「Gifte!(ギフテ)」
  • 親子体験プラットフォーム「Gifte!(ギフテ)」
  • 「Gifte!(ギフテ)」の体験(一部)
 みらいスクールが運営する親子体験プラットフォーム「Gifte!(ギフテ)」は2018年4月~6月、お金体験や将棋体験、プログラミング体験、キッズアナウンサー体験を開催する。同じジャンルの体験でも参加学年を細かく設定し、より学びを深める内容となっている。

 「Gifte!(ギフテ)」は、子どもたちの未来に活きる学び体験を揃えたサービス。「本物に触れる」「選べる豊富な体験」「柔軟なアレンジ」が特徴で、仕事・科学・文化・表現・自然の5つのカテゴリーの体験が用意されている。 

 お金体験では、5歳~小学3年生対象の「見えないお金を学ぶ!親子でお金のしくみ教室」を4月22日に実施。電子マネーを通して基本的なお金の機能や役割を学ぶ。小学3年生~6年生対象の「世界への扉を開く!親子でお金のしくみ教室」は、5月20日に実施。為替レートをゲームで体感できるアクティビティなどで、楽しみながら理解を深める。また、いずれの体験でも、保護者に向けてお小遣い管理のアドバイスを実施する。

 将棋体験は、2018年5月20日に実施。5歳~小学2年生対象の「考案者が教える!どうぶつしょうぎ入門」は、どうぶつしょうぎのお土産付き。将棋の良さである「先を読む力」を学ぶことができる。小学3年生~6年生対象の「女流棋士が指南!将棋入門(入門編)」「プロと対局!本格将棋体験(上級編)」では、礼儀作法からはじまる将棋の奥深さを体感できる。

 プログラミング体験は、4歳~小学3年生対象の「みんなでプログラミング!Viscuit(ビスケット)教室」を4月22日に実施。そのほか、小学1年生~6年生対象の「マインクラフトで楽しむ!キッズプログラミング教室」を、4月22日、29日、5月12日に実施する。マインクラフトの体験は小学1年生から参加できるが、ゲームに興味が出てきた3年生以上の子どもにおすすめの体験だという。

 また、6月16日と17日に、5歳~小学3年生対象の「気持ちを伝える!キッズアナウンサー体験」を実施。現役フリーアナウンサーの先生と一緒に学ぶ体験で、過去に実施した際は「母音ゲーム」など参加者が一体感を持って取り組める内容だった。

 各体験の詳細および申込みは、「Gifte!(ギフテ)」Webサイトから。実施会場や日時、販売価格などは体験によって異なるため、Webサイトから確認すること。一部の体験はすでに残席わずかとなっているが、これらの体験のほかにもさまざまな企画が用意されている。
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)