【GW2018】明日行けるイベント・おでかけ情報…4/28おまとめ便

生活・健康 その他

明日行ける2018年のGW情報をまとめてご紹介。おもに関東・関西の情報を扱う(画像はイメージ)
  • 明日行ける2018年のGW情報をまとめてご紹介。おもに関東・関西の情報を扱う(画像はイメージ)
 2018年のゴールデンウィークがやってきた。おでかけや家族旅行の予定はお決まりだろうか。

 教育・受験情報サイトの「リセマム」は、関東と関西を中心に、リセマム内で紹介したイベントの中から“明日行ける”教育イベント・おでかけ情報をまとめた。まだ予約が間に合うものや、当日参加可能なイベント・展示会情報を中心に紹介する。イベント名をクリックすると、イベント詳細情報を確認できる。予定がまだ決まっていない場合は、参考にしていただきたい。

◆ストライダーの巨大コース登場「こDoもフェス」4/28横浜
 ストライダージャパンは、2018年4月28日に子どものための体験型イベント「やってみる。こDoもフェスbySTRIDER」をパシフィコ横浜で開催する。対象は2歳から小学校低学年の子ども。入場無料。スポーツ系のほか、スクール、手作りワークショップ、クリエイティブ体験、専門家に学ぶ子ども向け講座、子育てに関する講演など、さまざまなコンテンツを用意。内容によって定員の設定や有料の場合がある。

◆巨大プラレールも登場「プラレール博 in TOKYO」池袋4/27-5/6
 タカラトミーは2018年4月27日から5月6日、「プラレール博 in TOKYO」を池袋サンシャインシティで開催する。チケットは日付指定券。前売券は大人(中学生以上)900円、子ども(3歳~小学生)700円。当日券は大人(中学生以上)1,000円、子ども(3歳~小学生)800円(いずれも税込)。有料入場者には記念品として、「923形ドクターイエロー中間車(5号車)」もしくは「テコロでプラレール クリアレッドバージョン バーティー」がプレゼントされる。

◆東京国立博物館、VR作品「伊能忠敬の日本図」上演4/25-7/1
 東京国立博物館と凸版印刷は2018年7月1日までの期間、伊能忠敬没後200年を記念してVR作品「伊能忠敬の日本図」を特別再上演する。鑑賞料金は、高校生以上500円、小中学生300円。ゴールデンウィークに先駆け、4月25日からスタートした。

◆親子お花ワークショップ、東京・江東区4/28・29
 花き関連事業を展開する「medelu」は2018年4月28日と29日の2日間、東京都江東区の南砂町ショッピングデンターSUNAMOにて、家族向け「お花ワークショップ」を開催する。参加費は500円。両日あわせて先着100名。所要時間は30分。

◆マゼランペンギンの赤ちゃん誕生、すみだ水族館がお祝い4/27-5/20
 すみだ水族館は、マゼランペンギンの赤ちゃん誕生イベント「Happy Penguins」を、2018年4月27日~5月20日の期間に開催する。マゼランペンギンの赤ちゃん展示のほか、体験プログラムの実施やオリジナルメニューの販売など、赤ちゃん誕生をお祝いするイベントだ。同水族館でマゼランペンギンの赤ちゃんが誕生するのは6年連続。

◆すみだ水族館×動く図鑑MOVE「水の生きもの大作戦!」4/27-6/24
 すみだ水族館は2018年4月27日から6月24日の期間、講談社が発行する人気図鑑シリーズ「講談社の動く図鑑MOVE」とのコラボイベント「水の生きもの大作戦!」を開催する。開催場所はすみだ水族館内、万華鏡トンネル。図鑑の情報と実際の生きものの展示を通して、生きものの独自の知恵や工夫、習性などが体感できる。

◆トミカワールド45年ぶり刷新「トミカ博 in OSAKA」4/26-5/6
 タカラトミーは、「トミカ博」を2018年4月26日から5月6日の11日間、大阪南港ATCホールにて開催。45年ぶりに刷新した新しい「トミカワールド」を体感できる展示やアトラクションを展開する。見所は、さまざまな仕掛けが満載の「トミカ からくりスライダー」や、トミカ700台以上を展示する「巨大パーキングタワー」。体験コーナーでは「無線でピピッと出動指令!変形ファイヤーステーション」など、トミカタウンの新商品で遊べる。
《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)