若い世代のカーライフ、オートバックス×武蔵美が産学連携

教育業界ニュース その他

武蔵野美術大学
  • 武蔵野美術大学
  • オートバックス×武蔵野美術大学、産学共同プロジェクト
オートバックスセブンは、武蔵野美術大学と共同で、課外プロジェクト「若い世代が考えるカーライフを『楽しく』『便利に』『快適に』するデザイン性に優れた商品」を4月20日より開始する。

武蔵野美術大学では、これまで産官学共同プロジェクトとして、企業や自治体など、さまざまな委託元との企画を実現してきた。今回のオートバックスとのプロジェクトは「若い世代が考えるカーライフを『楽しく』『便利に』『快適に』するデザイン性に優れた商品」。同大学 工芸工業デザイン学科(インダストリアルデザインコース)の稲田真一教授の下で開始する。

プロジェクトでは、同学科の3・4年生の有志を募り、8名の学生が参加。学生はアイデアの展開、イメージスケッチからモデルの制作まで行い、2018年6月を目標に最終プレゼンテーションで制作した商品を発表する。発表した中から、オートバックスグループ店舗での販売を視野に入れ、開発につなげていく。

オートバックス×武蔵野美術大学、産学共同プロジェクトで新たなカー用品開発へ

《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)