プログラミング教育、2025年度に231億円の市場規模へ

 プログラミング教育関連市場は、2025年度に230億5千万円となり、2016年度からの10年間で約6倍の市場に成長すると予測されることが、シード・プランニングの調査結果より明らかになった。

教育ICT その他
プログラミング教育関連市場の市場規模予測
  • プログラミング教育関連市場の市場規模予測
  • 調査範囲
 プログラミング教育関連市場は、2025年度に230億5千万円となり、2016年度からの10年間で約6倍の市場に成長すると予測されることが、シード・プランニングの調査結果より明らかになった。

 2020年度から小学校でのプログラミング教育の必修化が決まり、近年子ども向けのプログラミングスクールや教材が次々と展開されている。

 「プログラミング教室・スクール」「教材・プログラミングツール」「人材関連支援」の3つの領域をあわせたプログラミング教育関連市場規模は、2016年度に39億9千万円と推測される。プログラミング教育の本格実施から小学校は5年後、中学校は4年後となる2025年度には230億5千万円となり、2016年度からの10年間で約6倍の市場に成長すると予測される。

 特に、2020年度前後に「教材・プログラミングツール」や「人材関連支援」の需要が高まり、2020年度以降に「プログラミング教室・スクール」の需要増が見込まれる。

 プログラミング教育関連市場の将来展望に関する調査は、現在のおもな市場である「プログラミング教室・スクール」、ロボットなどの「教材・プログラミングツール」、授業を行う教員の研修や育成、外部専門家であるICT支援員の増員など「人材関連支援」について主要企業へのヒアリング、オープンデータなどによる調査を行い、市場規模を算出した。対象は国公立と私立の小・中学校、高校や、おもに民間企業が経営する学校外の有償教室。調査対象企業は計106社。調査期間は2017年12月~2018年2月。

 なお、GMOメディアと船井総合研究所は、2018年4月23日に発表した調査結果で子ども向けプログラミング教育市場規模、2023年に226億4,000万円に達し、2013年の約34倍に拡大する見込みだとしている。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)