プログラミング教育市場、2023年に226億円…2013年の約34倍

教育ICT その他

プログラミング教育市場規模
  • プログラミング教育市場規模
  • プログラミング教室数推移
 子ども向けプログラミング教育市場規模は、2023年に226億4,000万円に達し、2013年の約34倍に拡大する見込みであることが、GMOメディアと船井総合研究所が2018年4月23日に発表した調査結果より明らかになった。

 2018年 子ども向けプログラミング教育市場調査は、GMOメディアが運営するプログラミング教育メディア「コエテコ byGMO」と船井総合研究所が共同で実施。「ロボット・プログラミング教室」「プログラミング教室」といった民間運営で月謝制の継続受講型の子ども向けプログラミング教室・スクールを対象に、プログラミング教育市場関係者へのヒアリングや、調査主体・調査機関が保有するデータ、公開情報の収集をもとに調査結果をまとめた。調査期間は2018年3月~4月。

 子ども向けプログラミング教育市場は、2010年以前には一部の企業が期間限定で開催する「プログラミング教室」が中心で、小規模な市場だった。2017年に2020年度からの小学校でのプログラミング教育必修化が決まり、フランチャイズや大手学習塾が相次いでプログラミング教育市場に参入しはじめ、市場が拡大していった。

 市場規模は、2013年に6億6,200万円だったが、2018年に約13倍となる90億7,100万円に拡大すると推測される。さらに5年後の2023年には、2013年の約34倍となる226億4,000万円に達すると予測される。

 子ども向けプログラミング教室の数は、2013年に750教室だったが、2018年に約6倍の4,457教室、2023年には2013年の約15倍となる1万1,127教室に達すると予測される。

 教室の内訳をみると、2013年時点の子ども向けプログラミング教室は、ロボット製作とプログラミングをかけあわせた「ロボット・プログラミング教室」が93.3%、プログラミング技術の習得に特化した「プログラミング教室」が6.7%を占め、「ロボット・プログラミング教室」が主流だった。2015年以降はこの傾向に変化がみられ、2018年には「ロボット・プログラミング教室」76.8%を占めるものの、「プログラミング教室」の割合が23.2%と2013年よりも拡大し、2023年には「プログラミング教室」が全体に占める割合は約4割にのぼると予測される。今後はプログラミング技術の習得に特化した「プログラミング教室」が主流になっていくと船井総合研究所は予想している。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)