2018年度「学校情報化優良校」21校決定

 日本教育工学協会(JAET)は2018年5月13日までに、つくば市立茎崎第一小学校や東京都立雪谷高等学校など21校を2018年度学校情報化優良校として認定した。特に優れた取組みを行っている「先進校」の応募は5月25日まで受け付ける。

教育ICT その他
2018年度学校情報化優良校(一部)
  • 2018年度学校情報化優良校(一部)
  • 日本教育工学協会(JAET)
 日本教育工学協会(JAET)は2018年5月13日までに、つくば市立茎崎第一小学校や東京都立雪谷高等学校など21校を2018年度学校情報化優良校として認定した。特に優れた取組みを行っている「先進校」の応募は5月25日まで受け付ける。

 JAETは、教育の情報化の推進を支援するため、学校情報化診断システムを活用し、総合的に情報化を推進した学校(小学校、中学校、高等学校)を認定する学校情報化認定事業に2014年度から取り組んでいる。「教科指導におけるICT活用」「情報教育」「校務の情報化」に積極的に取り組んでいる学校を称え、学校情報化優良校として認定。特に優れた取組みを行っている学校を学校情報化先進校として表彰する。また、学校情報化優良校が一定以上の割合になった地域を学校情報化先進地域として表彰する。

 2018年度学校情報化優良校として、つくば市立茎崎第一小学校やつくば市立高崎中学校、東京都立雪谷高等学校、大阪市立川辺小学校、武雄市立北方中学校など21校が認定された。このうち、つくば市では小学校8校と中学校1校の計9校が認定された。認定期間はいずれの学校も2021年3月31日まで。

 特に優れた取組みを行っている「先進校」の応募は、2018年5月10日から5月25日まで受け付ける。8月に開催予定の学校情報化認定委員会で先進校の最終審査を行い、審査結果は9月上旬までにJAETのWebサイトで公開する。11月9日と10日に開催の「第44回全日本教育工学研究協議会全国大会 川崎大会」で先進校を表彰する。

◆2018年度学校情報化優良校
新地町立駒ケ嶺小学校
新地町立福田小学校
つくば市立真瀬小学校
つくば市立茎崎第三小学校
つくば市立竹園西小学校
つくば市立谷田部小学校
つくば市立葛城小学校
つくば市立今鹿島小学校
つくば市立吾妻小学校
つくば市立高崎中学校
つくば市立茎崎第一小学校
東京都立雪谷高等学校
大阪府立東百舌鳥高等学校
大阪市立川辺小学校
大阪市立鶴橋中学校
広島市立藤の木小学校
武雄市立北方中学校
高森町立高森中央小学校
高森東学園義務教育学校
産山村立産山学園
山江村立万江小学校
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)