小学校低学年向け「ロボット検定」6/24…レゴWeDo2.0使用

 ロボット技術検定機構は、小学1年生以上を対象とした「ロボット検定ForレゴWeDo2.0」を2018年6月24日に全国のロボット検定認定会場で開催する。受験料は2,800円(税別)。申込みは6月17日までWebサイトにて受け付ける。

教育ICT 小学生
ロボット検定 ForレゴWedo2.0
  • ロボット検定 ForレゴWedo2.0
  • 全国の認定校
  • 全国の認定校
 ロボット技術検定機構は、小学1年生以上を対象とした「ロボット検定ForレゴWeDo2.0」を2018年6月24日に全国のロボット検定認定会場で開催する。受験料は2,800円(税別)。申込みは6月17日までWebサイトにて受け付ける。

 「ロボット検定ForレゴWeDo2.0」は、レゴWeDo2.0を使ってプログラミングやメカ・ロボットを学ぶ小学生のための検定試験。プログラミング的思考やプログラミングの基礎、メカの仕組みに関する知識と実践力を認定する。今回が初開催となる。

 試験問題は、筆記試験と実技試験で構成される。筆記試験では、メカの仕組みやプログラミングに関する知識が問われる。実技試験では、写真・条件通りにモデルを組み立て、プログラミング作成を行う。

 級は3級から1級までの3つのグレードがあり、2018年度第1回試験では3級のみ実施する。受験資格は小学1年生以上でレゴWeDo2.0を持参できること。100点満点中、70点以上を合格とし、合格者には合格証明書と認定バッジを進呈する。

 なお、小学3年生以上を対象に教育用レゴマインドストームEV3を使用した「ロボット検定for EV3」も2018年6月24日に開催する。

 ロボット技術検定機構は、2009年に神奈川県から受託事業として技術者向けの「ロボット技術検定」を開始し、2012年より子ども向けの検定「ロボット検定」を毎年開催。検定を通じて次世代の日本を担う子どもの育成に貢献していきたいとしている。

◆ロボット検定ForレゴWeDo2.0【3級】
受験資格:小学1年生以上で「レゴWeDo2.0」を持参できること
試験内容:筆記試験(知識・プログラミング)と実技試験(組立て)※3級ではプログラミングの実技はない
試験時間:40分
試験会場:全国のロボット検定認定会場
受験料:2,800円(税別)
申込期限:2018年6月17日(日)
申込方法:Webサイトより申し込む
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)