「ドルトンプラン」実践の国内唯一の中高一貫校、調布に2019年4月開校

 世界各国で実践されている教育メソッド「ドルトンプラン」を取り入れた日本で唯一の中高一貫校「ドルトン東京学園中等部・高等部」が2019年4月の開校に向け準備を進めている(2018年5月18日時点:設置認可申請中)。6月からは学校見学会など各種イベントを実施。

教育・受験 小学生
ドルトン東京学園中等部・高等部(2019年4月開校予定)
  • ドルトン東京学園中等部・高等部(2019年4月開校予定)
  • ドルトン東京学園中等部・高等部(2019年4月開校予定)
  • アクセス・イベント
 世界各国で実践されている教育メソッド「ドルトンプラン」を取り入れた日本で唯一の中高一貫校「ドルトン東京学園中等部・高等部」が2019年4月の開校に向け準備を進めている(2018年5月18日時点:設置認可申請中)。6月からは学校見学会など各種イベントを実施。完成したばかりの新校舎を見ることができる。

 ドルトン東京学園中等部・高等部は、開校128年の伝統を誇る東京学園高等学校が一大教育改革として新たに中学校を開設し、共学の中高一貫校としての開校を目指している新設校。AI革命やグローバル化の波が急速かつ劇的に社会の基盤を変貌させていくことが想定される中、かつての世代が経験したことのない局面にチャレンジし、生き抜くことができる人材、多様性を理解し協働する人材の育成を目指すという。

 教育の軸となる「ドルトンプラン」は、今からおよそ100年前に米国の教育家ヘレン・パーカーストが提唱した生徒中心の教育メソッド。「自由」と「協働」の2つの原理のもと、「ハウス」「アサインメント」「ラボラトリー」の3つを3柱とし、生徒ひとりひとりの知的な興味や旺盛な探究心を育て、個人の能力を最大限に引き出すことを大きな特徴としている。パーカーストが設立したニューヨークの「The Dalton School」は幼稚園から高校までの一貫教育を行っており、ほかにもドルトンプランを実践する学校は世界各国に広がっている。

 日本で唯一のドルトンプラン実践校となるドルトン東京学園中等部・高等部では、「自由」と「協働」の2つの原理に基づき、生徒自らが学習計画を立て自主性、計画性、責任感を養う「アサインメント」、学年を超えた生徒で構成され学校生活の基盤となる集団「ハウス」、教員と1対1または少人数グループで学びたいことを究める「ラボラトリー」の3つの柱を中心とした教育を行う。いわゆる詰め込み型の教育とは異なり、学びを設計し、深く広く学び続け、身に付けたことを発信するまでの一連の流れを、学びのプロセスとして重視する。

 開校予定地は東京都調布市入間町二丁目28番20。小田急線「成城学園前駅」、京王線「つつじヶ丘駅」「仙川駅」からアクセス可能。共学の中高一貫校として、募集定員は学年100名を予定している。

 6月・7月には学校見学会を、7月・8月には学校見学会・体験授業を実施。いずれも完成したばかりの新校舎の見学ツアーが組み込まれており、新しい学び舎を直に見ることができる。学校についての説明のほか個別相談の時間も設ける。各イベントは事前申込みが必要。それぞれ開催日の1か月前からWebサイトにて申込みを受け付ける。

◆ドルトン東京学園中等部・高等部
開校日:2019年4月開校予定(設置認可申請中)
開校予定地:東京都調布市入間町二丁目28番20
募集定員:学年100名
【学校見学会】
日程:2018年6月10日(日)、7月1日(日)、7月15日(日)
時間:10:00~12:00、13:30~15:30(午前、午後ともに同内容)
対象:中学受験希望者、保護者
申込方法:Webサイトから申し込む(開催日の1か月前から受付)
【学校見学会・体験授業】
日程:2018年7月28日(土)、8月5日(日)、8月25日(土)
時間:10:00~12:00、13:30~15:30(午前、午後ともに同内容)
対象:中学受験希望者、保護者
申込方法:Webサイトから申し込む(開催日の1か月前から受付)
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)