東京理科大、小中学生向け体験イベント「科学へのトビラ」

教育イベント 小学生

みらい研究室~科学へのトビラ~
  • みらい研究室~科学へのトビラ~
  • 東京理科大学
 東京理科大学は2018年6月16日と17日、東芝未来科学館、ラゾーナ川崎プラザ、ミューザ川崎シンフォニーホール音楽工房で、小・中学生向け科学体験イベント「みらい研究室~科学へのトビラ~」を開催する。入場無料。事前申込不要。

 2018年で13回目を迎える「みらい研究室~科学へのトビラ~」は、小・中学生向けの科学体験イベント。2006年の東京理科大学125周年記念事業として開催された第1回は約3,000名以上が来場し、2017年は6,200名が来場している。

 2018年は、理・工学系のサークルなどに所属する14の学生団体が「楽しく学ぶ理科」「身近にある科学」「君もさんすうマスター!」「宇宙と生き物のフシギ」「機械について学ぼう」をテーマに、科学や技術を楽しみながら学べるプログラムを企画している。

 当日は、ストラップや化石レプリカ、レーシングカーなどの工作やインクブレンダ―体験、ロボットの操作体験、科学実験、ルービックキューブやハノイの塔など数学に関係したゲームなど、さまざまな企画を用意している。対象年齢は、企画によって異なる。詳細は、Webサイト「みらい研究室~科学へのトビラ~」にて確認できる。

 また、東芝未来科学館による科学体験イベントも行われる。6月16日に「クロマトカラー実験室」、6月17日に「偏光板のせかい」をラゾーナ川崎プラザ2階ルーファ広場にて実施予定。いずれも対象年齢は4歳以上、所要時間は30分。作ったものは持ち帰ることができる。

 入場は無料。事前申込不要。両日とも午前と午後の1日2回、会場にて先着順で整理券を配布予定。製作および実験の企画は、材料がなくなり次第終了となる。小学生以下は保護者の同伴が必要。

◆第13回サイエンスフェア「みらい研究室~科学へのトビラ~」
日時:2018年6月16日(土)・6月17日(日)10:00~17:00(16:30受付終了)
※混雑時は入場規制する場合あり
会場:
東芝未来科学館3階エントランス(ラゾーナ川崎東芝ビル2階・3階、神奈川県川崎市幸区堀川町72-34)
ラゾーナ川崎プラザ(2階ルーファ広場・5階プラザソル、神奈川県川崎市幸区堀川町72-1)
ミューザ川崎シンフォニーホール音楽工房(4階企画展示室・研修室、神奈川県川崎市幸区大宮町1310)
対象:小・中学生、一般
※小学生以下は保護者の同伴が必要
参加費:無料
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)