みんなの速読「朝日小学生新聞」で時事問題トレーニング

 日本速脳速読協会(SRJ)は2018年6月から、速読トレーニングシステム「みんなの速読」の受講者に対し、「朝日小学生新聞」「朝日中高生新聞」掲載の時事ニュース記事を使用したトレーニングの提供を開始する。中学入試や高校入試の時事問題対策に最適だという。

教育・受験 小学生
朝日小学生新聞
  • 朝日小学生新聞
  • 朝日中高生新聞
  • みんなの速読トレーニング概要
 日本速脳速読協会(SRJ)は2018年6月から、速読トレーニングシステム「みんなの速読」の受講者に対し、「朝日小学生新聞」「朝日中高生新聞」掲載の時事ニュース記事を使用したトレーニングの提供を開始する。中学入試や高校入試の時事問題対策に最適だという。

 「みんなの速読」は、全国2,000教室以上の教育機関で導入されている速読トレーニング。パソコン・タブレットを使って「速く正確に読み解く力」を育成することで、勉強や受験にも役立つ実践的な内容を目指している。

 6月からは、朝日学生新聞社が発行する「朝日小学生新聞」「朝日中高生新聞」掲載の時事ニュースを毎月4本ずつ読解問題として配信。受講生が世の中の出来事に興味や関心を持つ機会を提供し、トレーニングを通してスピードと内容理解度をチェックすることで、読解力を育成していく。

 時事問題は、例年8割以上の入試の社会や理科で出題されている。読むスピード、読み解く力、記憶力・処理能力を鍛えるトレーニングに時事問題の速読トレーニングを加えることで、「中学入試・高校入試の新しい対策講座」として利用できるコンテンツになるという。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)