チャイルドシート安全性能評価、前面衝突「優」は4モデル

 国土交通省は2018年5月31日、2017年度のチャイルドシート安全性能評価結果を発表した。

生活・健康 未就学児
2017年度のチャイルドシート安全性能評価結果
  • 2017年度のチャイルドシート安全性能評価結果
国土交通省は5月31日、2017年度のチャイルドシート安全性能評価結果を発表した。

前面衝突試験の評価では調査した製品のうち、「優」が『ジュバ』、『マムズキャリーブライトII』、『フラディアグロウISOFIX』の乳児用、『バリアント』の乳児用。「良」がフラディアグロウISOFIXの乳児用ベッド型、「普」がフラディアグロウISOFIXの幼児用で、「推奨せず」が『ベビーFUNハーネスネオ』。

また、使いやすさや取り付けやすさなどで加点していく使用性評価試験(25点満点)で、最高点だったのはフラディアグロウISOFIXの乳児用ベッド型・乳児用・幼児用で23点だった。マムズキャリーブライトIIが15点、ジュバが14点、バリアントの乳児用が18点、幼児用が17点、ベビーFUNハーネスネオが最も低い11点だった。

チャイルドシート安全性能評価、前面衝突の「優」は4モデル 2017年度

《レスポンス編集部@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)