文部科学白書2017、学校における働き方改革など

 文部科学省は2018年7月13日、2017年度「文部科学白書」の概要を公表した。「学校における働き方改革」「教育再生の着実な推進」などを特集している。刊行予定は2018年7月下旬。

教育・受験 その他
 文部科学省は2018年7月13日、2017年度「文部科学白書」の概要を公表した。「学校における働き方改革」「教育再生の着実な推進」などを特集している。刊行予定は2018年7月下旬。

 文部科学省では、教育、科学技術・学術、スポーツ、文化芸術における施策を広く国民に紹介するため、文部科学白書を毎年刊行している。

 文部科学白書は2部構成。第1部は、特集1「社会的・経済的価値をはぐくむ文化政策の展開」、特集2「学校における働き方改革」、「教育再生の着実な推進」の3つのテーマを取り上げている。第2部は文教・科学技術施策の動向と展開をテーマに、「初等中等教育の充実」「私立学校の振興」「ICTの活用の推進」など分野ごとに13章にわたって記述している。

 第1部特集2「学校における働き方改革」では、教員勤務実態調査の速報値の結果などを示しつつ、中央教育審議会の検討状況やそれを踏まえた文部科学省の取組みについて紹介。岡山県の「働き方改革プランの策定」や千葉県の「小学校学級事務支援員の配置」など先進的な地方公共団体での取組みも紹介している。

 特集「教育再生の着実な推進」では、2018年3月に行われた高等学校学習指導要領の改訂や大学入試改革の動向に加え、中央教育審議会や教育再生実行会議の動向、教育振興基本計画などについて紹介している。

 2017度「文部科学白書」は2018年7月下旬に刊行予定。現在、文部科学省Webサイトに概要がPDF形式で公開されている。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)