進学ブランド力調査2018…高校生が志願したい大学、関東1位は?

教育・受験 高校生

画像は進学ブランド力調査2018「志願したい大学」ランキング 志願したい大学ランキング部門で1位となった大学
  • 画像は進学ブランド力調査2018「志願したい大学」ランキング 志願したい大学ランキング部門で1位となった大学
  • 進学ブランド力調査2018 「志願したい大学」ランキング
  • 進学ブランド力調査2018 男女・文理別ランキング
  • 進学ブランド力調査2018「知っている大学」ランキング
  • 進学ブランド力調査2018「大学のイメージ」ランキング
 リクルートマーケティングパートナーズは2018年7月18日、「進学ブランド力調査2018」の結果を発表した。高校生が志願したい大学は、関東エリアで「早稲田大学」、東海エリアで「名城大学」が2年連続の1位。関西エリアは、11年連続で「関西大学」が1位となった。

 「志願したい大学ランキング」では、関東エリアで「早稲田大学」が2年連続の1位となり、「明治大学」が2位となった。東海エリアでは、2年連続で「名城大学」が1位となり、2位には「名古屋大学」がランクイン。関西エリアでは、「関西大学」が11年連続の1位となり、2017年ランキングで同率1位だった「近畿大学」は2位だった。

 男女・文理別では、関東エリアの男子1位が「明治大学」、女子1位が「早稲田大学」、文系1位が「青山学院大学」、理系1位が「日本大学」という結果。「青山学院大学」と「日本大学」は2017年の3位からランクアップして1位となった。東海エリアは、男子1位と理系1位が「名城大学」、女子1位と文系1位が「南山大学」。関西エリアは、男子1位が「近畿大学」、女子1位と文系1位が「関西大学」だったほか、理系1位に2017年3位の「大阪市立大学」が選ばれている。

 また、「知っている大学」ランキングでは、関東エリアで2017年5位の「明治大学」がトップ。東海エリアの「名古屋大学」、関西エリアの「近畿大学」は2017年に引き続き1位となった。

 「大学のイメージ」ランキングをイメージ項目別に見ると、「教育方針・カリキュラムが魅力的である大学」は、関東エリア「早稲田大学」、東海エリア「東京大学」、関西エリア「関西大学」が1位。関西エリアの「関西大学」は、2017年の10位から大きく順位をあげている。「国際的なセンスが身につく大学」は、関東エリア「上智大学」、東海エリア「南山大学」、関西エリア「関西外国語大学」が1位に選ばれた。

 「学校が発展していく可能性がある大学」は、関東エリア「早稲田大学」、東海エリア「東京大学」、関西エリア「近畿大学」。「おしゃれな大学」は、関東エリアと東海エリアで「青山学院大学」、関西エリアで「慶應義塾大学」と、いずれも関東エリアの大学が1位となった。

 リクルート進学総研による「進学ブランド力調査」は、高校生の大学選びの動向を明らかにするため、年に1回、高校3年生を対象に実施。大学の志願度、知名度のほか、大学に対する50項目にわたるイメージを調べている。2018年調査では、2018年4月6日~5月10日の期間に調査を行い、有効回答数8,439人のうち大学進学希望者7,488人の回答を抽出・集計。

 リクルート進学総研Webサイトでは、「進学ブランド力調査2018」調査結果に対するリクルート進学総研所長・小林浩氏の見解が掲載されている。

◆進学ブランド力調査2018
関東エリア1位:早稲田大学
東海エリア1位:名城大学
関西エリア1位:関西大学
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)