東京都、パラアスリートを応援する絵てがみと音楽パフォーマンスを公募

 東京都は、パラスポーツを応援する人を増やすプロジェクト「TEAM BEYOND」の一環として、パラアスリートを応援する作品を公募する「BEYOND AWARD 2018」の受付を開始した。

教育・受験 未就学児
パラアスリートを応援する絵てがみと音楽パフォーマンスを公募!「BEYOND AWARD」開催
  • パラアスリートを応援する絵てがみと音楽パフォーマンスを公募!「BEYOND AWARD」開催
  • パラアスリートを応援する絵てがみと音楽パフォーマンスを公募!「BEYOND AWARD」開催
  • パラアスリートを応援する絵てがみと音楽パフォーマンスを公募!「BEYOND AWARD」開催
  • パラアスリートを応援する絵てがみと音楽パフォーマンスを公募!「BEYOND AWARD」開催
  • パラアスリートを応援する絵てがみと音楽パフォーマンスを公募!「BEYOND AWARD」開催
  • パラアスリートを応援する絵てがみと音楽パフォーマンスを公募!「BEYOND AWARD」開催
  • パラアスリートを応援する絵てがみと音楽パフォーマンスを公募!「BEYOND AWARD」開催
  • パラアスリートを応援する絵てがみと音楽パフォーマンスを公募!「BEYOND AWARD」開催
東京都は、パラスポーツを応援する人を増やすプロジェクト「TEAM BEYOND」の一環として、パラアスリートを応援する作品を公募する「BEYOND AWARD 2018」の受付を開始した。

「BEYOND AWARD」は、パラアスリートを応援する作品を募集し、作品をつくる、作品に触れる、投票するというアクションを通してパラスポーツへの興味や関心を深めることを目的にした企画だ。2度目の開催となる今回は、パラアスリートを応援する絵てがみと、歌やダンスなどでパラアスリートを応援する気持ちを表現する音楽パフォーマンスを募集する。

絵てがみ部門の審査員は、教育評論家の尾木直樹やイラストレーターのなばたとしたか。音楽パフォーマンス部門は、東京藝術大学副学長で作曲家の松下功、振付師・タレントのパパイヤ鈴木、BEYOND AWARD 2017(音楽部門)最優秀賞受賞の如月愛里が担当する。また、パラアイスホッケーの上原大祐、カヌーの瀬立モニカ、ウィルチェアーラグビーの峰島靖がアスリート審査員として参加する。

審査を通過した作品は、10月に開催されるイベントにて公開。絵てがみは、授賞式終了後に宛先となっている選手に届けられる。音楽パフォーマンス部門の受賞者は、TEAM BEYOND主催のイベント等にゲスト出演する可能性がある。

応募は、BEYOND AWARD 2018特設ページから行う。9月3日(月)23:59締切。なお、音楽パフォーマンス部門の最終審査は、10月14日(日)の授賞式当日に実演により行う。

パラアスリートを応援する絵てがみと音楽パフォーマンスを公募!「BEYOND AWARD」開催

《美坂柚木@CycleStyle》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)