積水ハウス、男性社員1か月以上の育児休業完全取得推進…9/1から

 ハウスメーカーの積水ハウスは2018年7月26日、子育てを応援する社会を先導する「キッズ・ファースト企業」として、「男性社員1か月以上の育児休業完全取得」を宣言し、9月1日より推進することを発表した。

生活・健康 保護者
キッズ・ファースト企業の生み出す価値と効果
  • キッズ・ファースト企業の生み出す価値と効果
  • 積水ハウス
 ハウスメーカーの積水ハウスは2018年7月26日、子育てを応援する社会を先導する「キッズ・ファースト企業」として、「男性社員1か月以上の育児休業完全取得」を宣言し、9月1日より推進することを発表した。

 政府は、2016年6月に閣議決定した「日本再興戦略2016」において、2020年までに男性の育児休業取得率を13%とする目標を掲げ、育児休業取得促進に取り組む企業を後押ししている。積水ハウスでは2018年7月26日現在、男性社員の育児休業の平均取得日数は2日にとどまっている。こうした現状を受け、9月1日よりダイバーシティ推進の取組みの1つとして、「男性社員1か月以上の育児休業完全取得」を推進することを決定した。

 「男性社員1か月以上の育児休業完全取得」制度は、3歳未満の子どもを持つ男性社員全員が対象。子どもの誕生から3歳に達する日までに1か月以上の育児休業の取得が可能となり、最初の1か月は有給とする。業務との調整が図りやすいよう分割での休業取得も可能とし、進捗率も毎年開示するという。

 積水ハウスは、この取組みへの理解と円滑な導入が図れるよう社内サポート体制を整備し、その一環として、対象社員やその上司が育児休業取得に向けて、具体的な計画を立てられる研修などを実施していくとしている。 
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)