英検CBT、一次試験免除の資格付与…8/19の初回から

 日本英語検定協会は2018年8月10日、コンピューターで英語4技能を測定する「英検CBT」一次試験免除(一免)を、8月19日スタートの初回から付与すると発表した。英検CBTを受験し一免資格が付与された場合、次の回次から一免申請して申込みできる。

教育・受験 高校生
日本英語検定協会「英検CBT」
  • 日本英語検定協会「英検CBT」
  • 英検CBTの2018年度第2回検定日
 日本英語検定協会は2018年8月10日、コンピューターで英語4技能を測定する「英検CBT」一次試験免除(一免)を、8月19日スタートの初回から付与すると発表した。英検CBTを受験し一免資格が付与された場合、次の回次から一免申請して申込みできる。

 「英検CBT」とは、英語4技能を1日で測定し、コンピュータ上で受験する英語検定試験。合格すると、従来の英検と同じ資格が得られる。一次試験合否に関わらず、すべての受験者が1日で4技能を受験し、スコアを取得できる点が特徴。

 合否判定は従来の英検と同じく、「リーディング」「リスニング」「ライティング」3技能の合計CSEスコア(合格基準スコア)に基づき、一次試験の合否を判定する。一次試験合格者のみ、二次試験の「スピーキング」の合否も判定対象となる。一次試験と二次試験をどちらも合格した者のみ級認定(合格)される仕組み。

 2018年8月より毎月実施し、級は「2級」「準2級」「3級」の3つがある。同じ検定回に最大3つの級を受験できる。通常の英検(紙媒体)と英検CBTの併願も可能で、年間に1つの級を英検3回と英検CBT3回の合計6回受験できる。ただし、2018年度の英検CBTは8月より毎月実施のため、2018年度は英検3回と英検CBT2回の最大5回受験できる。英検CBTの2018年度第2回検定は、8月19日、9月16日、10月14日、11月18日に行われる。

 英検CBTは当初、一次試験免除資格(一免)を付与するにあたり必要なシステム改修など工数上の猶予から、まずは一免資格を付与しないままにスタートし折を見て付与することを想定していた。しかし、各工数の一定の目途が立ったことから、受験者一義の考えのもと、2018年8月19日の初回実施から一免資格を付与する。

 英検CBTを受験し一免資格が付与された場合、次の回次から一免申請して申込みできる。たとえば、英検CBTを8月(第2回)に受験し一免資格が付与された場合、通常の英検(紙媒体)の第2回(二次試験は11月ごろ実施)では一免申請できないが、通常の英検(紙媒体)の第3回(二次試験は2月ごろ実施)から一免申請が可能になる。

 免除可能な期間は1年間。たとえば、2018年度第2回検定の一次試験合格者は、2019年度第2回検定まで一免申請の資格がある。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)