上野の杜でアートを体感する3日間「UENOYES バルーンDAYS 2018」9/28-30

 上野文化の杜新構想実行委員会とアーツカウンシル東京(東京都歴史文化財団)は2018年9月28日から30日の3日間、社会包摂をテーマにしたプロジェクトUENOYES(ウエノイエス)のキックオフイベントとして、上野恩賜公園を舞台に「UENOYES バルーンDAYS 2018」を開催する。

趣味・娯楽 未就学児
UENOYES バルーンDAYS 2018
  • UENOYES バルーンDAYS 2018
  • UENOYES バルーンDAYS 2018(イメージ)
  • スタチュー写生大会(イメージ)
  • 参考図版「ホセ・マリア・シシリア、福島・冬の花」福島県立美術館2013年 Photo (c) Paula Fujiwara
  • 東北で活動するホセ・マリア・シシリア氏のようす
  • 「きき耳ラジオ」2000年 霧島アートの森(鹿児島)
  • 「チルドレンズ・プライド、サンフランシスコ」2013
 上野文化の杜新構想実行委員会とアーツカウンシル東京(東京都歴史文化財団)は2018年9月28日から30日の3日間、社会包摂をテーマにしたプロジェクトUENOYES(ウエノイエス)のキックオフイベントとして、上野恩賜公園を舞台に「UENOYES バルーンDAYS 2018」を開催する。参加型プログラムやワークショップなど体感するアートプログラムが多数催される。

 「UENOYES」は、上野文化の杜新構想実行委員会とアーツカウンシル東京(東京都歴史文化財団)が2018年度より主催する社会的包摂文化芸術創造発信拠点形成プロジェクト。文化を起点とした人々の新たな社会参画を目的として、障害などの有無に関わらず、子どもから大人まで人種や国を超えたさまざまな人々とともに年間を通して多彩なプログラムを展開し、上野から世界に向けて発信していく。

 UENOYES バルーンDAYS 2018では、参加型プログラムを多数開催。屋外彫刻のような格好をした路上パフォーマー(スタチュー)をモデルに描く「スタチュー写生大会」では、午前は事前予約した子どもたちが、午後からは誰でも空いている席で自由にスケッチに参加でき、広々とした屋外での創作活動を楽しむ場を創る。

 防災・食をテーマとしたアートプログラムでは、東日本大震災以降、東北で継続的にワークショップなどの活動を行ってきたスペイン出身のアーティスト、ホセ・マリア・シシリア氏による展覧会やトークイベントを実施。また、美術家の小山田徹氏と上野恩賜公園内を一緒に散歩しながら、地域の防災や食について語り合う公開ラジオ「きき耳ラジオ」を行う。

 そのほか、願いごとや言いたいことを書いたプラカードや旗を掲げて、大きな声で主張を言いながら公園を練り歩く「チルドレンズ・プライド、上野恩賜公園」や、耳や目、手足や体の使い方を見つめ直すパフォーマンス&ワークショップ、参加者それぞれの個性や身体に合わせた踊りを作るダンスワークショップなど、社会包摂をテーマとしたさまざまなアートプログラムが展開される。

 9月29日と30日には、視覚障害者のための対話型ガイドツアー、手話通訳付きガイドツアー、日英ガイドツアーも実施。障害の有無や国籍に関わらず、誰でも気軽に参加し楽しめるイベントを目指す。各イベントの詳細はUENOYESの公式Webサイトから確認できる。また、一部事前予約制のイベントもあり、申込みは公式Webサイトで受け付けている。

◆UENOYES バルーンDAYS 2018
期間:2018年9月28日(金)、29日(土)、30日(日)
時間:10:00~17:00
場所:上野恩賜公園 竹の台広場(噴水前広場)、国立国会図書館国際子ども図書館
参加費:無料
申込方法:一部イベント、ガイドツアーは事前予約制。申込みはUENOYES公式Webサイトで受け付ける
※各イベントの詳細はUENOYES公式Webサイトで確認のこと
※雨天・荒天の場合、一部屋外でのプログラムは開催中止となる場合あり
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)