CompTIA・日本MSら5社、セキュリティ人材育成で連携

 CompTIA日本支局は、2018年9月から「CompTIAスカラーシップ・プログラム」を活用し、アクセンチュア、シマンテック、日本マイクロソフト、Planetway Corporationと連携し、学生に対するセキュリティ人材育成の支援を強化することを発表した。

教育業界ニュース 教材・サービス
CompTIA JAPAN(コンプティア 日本支局)
  • CompTIA JAPAN(コンプティア 日本支局)
 米イリノイ州に本部を置く「CompTIA(コンプティア)」の日本支局は、セキュリティ分野の人材不足を解決に向け、2018年9月から「CompTIAスカラーシップ・プログラム」を活用し、アクセンチュア、シマンテック、日本マイクロソフト、Planetway Corporationと連携し、学生に対するセキュリティ人材育成の支援を強化することを発表した。

 CompTIA日本支局によると、日本国内の企業はさまざまなセキュリティ対策を実施しているにも関わらず、セキュリティ侵害の事件は年々増加傾向にある。

 社会基盤となるサイバー空間へのセキュリティ対策は必須の条件であることから、内閣官房は「サイバーセキュリティ戦略(案)」を提唱しているほか、経済産業省からは「産業サイバーセキュリティ強化へ向けたアクションプラン」が発せられている。

 セキュリティ人材不足の解決に向けた国としての施策にあわせ、CompTIAは同社が無償で提供している学生のITスキル育成支援プログラム「CAPP Academy Program」の活用を強化する考え。

 2018年5月からは学校機関と産業界との連携を強化する「CompTIAスカラーシップ・プログラム」も提供しており、今後は協力企業とともに、CAPP Academyに登録をしている約150校の大学、専門学校の希望する学校に対する支援を行っていくとしている。

 「CAPP Academy Program」は、学校機関や非営利・政府系のトレーニング機関を対象に提供されている教育プログラム。
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)