「高校化学グランドコンテスト」10/27-28、一般聴講は50名まで

 大阪市立大学および名古屋市立大学、横浜市立大学、読売新聞大阪本社は2018年10月27日と28日、「第15回高校化学グランドコンテスト」最終選考会を名古屋市立大学にて開催する。一般聴講は無料。2日目の模様はライブ配信予定。

教育イベント 高校生
第15回高校化学グランドコンテスト
  • 第15回高校化学グランドコンテスト
  • 「第15回高校化学グランドコンテスト」ポスター発表校・発表課題一覧
  • 「第15回高校化学グランドコンテスト」ポスター発表校・発表課題一覧
  • 「第15回高校化学グランドコンテスト」ポスター発表校・発表課題一覧
  • 「第15回高校化学グランドコンテスト」ポスター発表校・発表課題一覧
  • 「第15回高校化学グランドコンテスト」ポスター発表校・発表課題一覧
  • 「第15回高校化学グランドコンテスト」ポスター発表校・発表課題一覧
  • 「第15回高校化学グランドコンテスト」口頭発表プログラム
 大阪市立大学および名古屋市立大学、横浜市立大学、読売新聞大阪本社は2018年10月27日と28日、「第15回高校化学グランドコンテスト」最終選考会を名古屋市立大学にて開催する。一般聴講は無料。2日目の模様はライブ配信予定。

 「高校化学グランドコンテスト」は、高校生および高専生が行っている学習研究活動を支援し、将来科学分野で活躍できる人材の育成を目的とした化学の甲子園。15回目の開催を迎える2018年は、全国25都府県から過去最高数となる76校124チームと台湾・シンガポールから来日する高校生たちが参加し、研究成果の発表を行う。優秀な成績を収めた2チームは、Taiwan International Science Fair(台湾)、International Science Youth Forum(シンガポール)に招待される。

 コンテストのスケジュールは、1日目にポスター発表とレセプションパーティーを行い、2日目に口頭発表と名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所拠点長・教授の伊丹健一郎氏による特別講演、文部科学大臣賞をはじめとする各賞の表彰式を実施する。なお、2日目の模様はライブ配信予定。詳細は、後日Webサイトに掲載される。

 コンテストは、現地での一般聴講が可能。参加無料。定員は両日とも50名程度。応募は、メールまたはFAXにて10月19日まで受け付けている。

◆第15回高校化学グランドコンテスト 最終選考会
日時:2018年10月27日(土)14:00~18:45(13:00受付開始)、10月28日(日)9:00~16:30(8:00受付開始)
会場:名古屋市立大学 田辺通キャンパス 宮田専治記念ホール(名古屋市瑞穂区田辺通3-1)

<一般聴講>
対象:誰でも参加可能
※例年、口頭発表の大部分は英語で行われる
募集人数:両日とも50名程度
締切:2018年10月19日(金)
参加費:無料
応募方法:メールまたはFAXにて申し込む
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)