本格的なフライト体験ができる、ボーイング787フライトシミュレーター

 セントレア中部国際空港に隣接する商業施設、「FLIGHT OF DREAMS」が2018年10月12日、オープンした。その中の人気コンテンツ787シミュレーターを体験してきた。

趣味・娯楽 小学生
787シミュレーター
  • 787シミュレーター
  • FLIGHT OF DREAMS外観
  • ボーイング787飛行試験1号機
  • 787シミュレーター
  • 787シミュレーター
  • 787シミュレーター
  • 787シミュレーター
  • 787シミュレーター
◆セントレアに「FLIGHT OF DREAMS」がオープン

セントレア中部国際空港に隣接する商業施設、「FLIGHT OF DREAMS」が12日、オープンした。その中の人気コンテンツ、787シミュレーターを体験してきた。

館内にはボーイング787飛行試験1号機の実機展示をメインに、チームラボが手がけた様々な体験型アトラクションや、ボーイング社の地元、シアトルの街並みやグルメが楽しめる施設などが入っている。

なかでも一番人気が出るであろう、787 Simulator(787シミュレーター)はFLIGHT OF DREAMS の有料エリア「フライトパーク」内にあり、入場料の他に事前予約と別途料金が必要となるが、それでも本物と同じコックピットに座り、パイロットとなってフライトを体験できるのは貴重な機会だろう。

◆体験者は機長席に座り、副操縦士席にインストラクター

事前の内覧会で幸運にもシミュレーターを体験することができたので、その時の様子をレポートしたい。この日体験できたのは、約15分のフライト体験プランだ。中部国際空港RWY36を離陸して高度3000Ftまで上昇。知多半島を眺めながら旋回し再び中部国際空港に着陸するというものだ。体験者は機長席に座り、副操縦士席にインストラクターが座り操作の方法を教えてくれる。操縦はオートパイロットとマニュアル操縦を選べる。

787は滑走路に止まりいよいよ離陸。という状況からスタートする。スロットルレバーを引き徐々に加速していくと、操縦桿を引いて離陸するように指示される。すると機体はふわりと地上から離れ、空に飛び出した。しかしそのままで良いかと言えばそうではなく、車輪を格納する指示を副操縦士に出したり、飛行機の進む方角や高度の指示を出したり、また自身でその高度になるように機械を操作しなくてはならない。

◆乗客として乗っていたら乗り物酔い?

そうこうしていると旋回の指示と操縦桿の操作をしなくてはならない。パイロットの目の前にある計器を見ながら進むべき角度や高度など微妙に調整しながら操作していく。この計器はデジタル表記でターゲットを見ながら操作するようになるが、そればかりに気を取られるとフラフラした状態になり、これが実機で、乗客として乗っていたら乗り物酔いを起こしてしまうだろうと容易に想像できた。

そのフラフラ運転を見かねて副操縦士役のインストラクターが操縦を引き受け、正しい位置に持ち直してくれた。これで一安心だ。その後は着陸に向けて降下をするわけだが、ここでも降下率を指示したり、車輪を出す指示をして実際にギアレバーを引くなどの操作を行う。さらに着陸に関するチェック項目を英語で指示を出すなど雰囲気を盛り上げてくれる。最後はまっすぐ滑走路に向かって着陸して、副操縦士と「ナイスランディング!」と握手を交わして終了となる。

◆写真撮影のみから最長180分まで、プランは様々

わずか15分とは言え、実際に経験することのできない飛行機の操縦にドキドキが止まらない。目の前に広がる数多くのスイッチや計器を見ながら、適切に指示を出し確かな操作をしないと危険な操縦になってしまう。パイロットは改めて大変な仕事なのだということを実感した。

一般料金は5分の写真撮影のみ1080円から90分2万3760円とバリエーション豊富だ。メンバーになると5分写真撮影のみ1080円から最長180分2万2680円となる。フライトプランも中部国際空港離陸から着陸の基本形から、メンバー向けに中部国際空港から他の空港へのフライトプランなど様々なプランが用意されている。

<取材協力:SUBARU>

ワクワクとドキドキが止まらない! ボーイング787フライトシミュレーター

《雪岡直樹@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)